小学生の時に熱中していた趣味を思う存分振り返ってみた

スポンサーリンク



「趣味は、多ければ多いほど良い」。この言葉は果たして真実と言えるのでしょうか。

私は、これまでに様々な趣味に多くの時間を費やしてきました。
“時間とお金がかかる”という観点を除けば、多趣味は非常にメリットのあるものだと考えています。

多趣味の持つメリット・デメリットの話はまたの機会にするとして、今回は小学生のときに私が手を出してきた趣味だけに焦点を絞ってまとめてみたいと思います。
このブログ、「略してとりてみ」の原点とも言える挑戦の数々。まだ記事にしていないものも多くありますが、これからボチボチと詳細を書いていければな、と思います。

「何か趣味を見つけたい」、「色々な趣味を知りたい」という方は是非参考にしてみてください。参考になるかは不明ですが……。

これまで手を出した趣味全てを書こうと思いましたが、それだとかなり文字数が増えてしまうので小学生のときだけに絞らせていただきます。なお、健全なものだけに限ります。

昆虫採集と飼育

www.toritemi.com

「母が持つアクセサリーを2階のベランダから投げ捨てる」という趣味を除けば、この「昆虫採集と飼育」が一番最初の趣味。

小さな体。秘められたパワー。昆虫は実に素晴らしい存在です。

一昨年の夏には、カブトムシのペアを採集。
やがて卵が産まれ、孵化し、幼虫になり、さなぎになって、昨年の夏にようやく成虫になりました。
そして、夏の夜空へと自らの羽で飛び立っていったのです。

この感動といったら、もうね。

これまで大切に育ててきた幼虫が、立派なカブトムシになって夏の空に消えていくわけですよ。多分、あの感覚は一生忘れられないでしょう。非常に素晴らしい経験でした。

今年の夏も昆虫を採りに出かけたいと考えていたのですが、毎年足を運んでいた雑木林が削り取られてしまっていたんですよね……。

www.toritemi.com

うーむ、どうしたものでしょうか。

遊戯王カード

f:id:afrokanchan:20160718234435j:plain

遊戯王カードにつぎ込んだ総額はおおよそ15〜20万円ほどだと思います。
小学2年生あたりから6年生ぐらいまでハマっていたのかな。

色々なデッキを組み、飽きもせず毎日毎日友達とデュエルを繰り返していました。

近所で行われる大会にも何度か出場したものの、大人たちには全く歯が立たなかったですね。まぁ、財力が違いますからね……。

中学生以下の部の小さな大会では準優勝経験があります。ちなみに優勝したのは私の友達でした。つまり、決勝戦で負けてしまったわけですね。あれは悔しかったなぁ。

それほど熱中した遊戯王カードですが、半年ほど前に全て処分しました。
大切な思い出がたくさん詰まっていること、そして、大変多くのお金をかけたものでしたから、これまでなかなか手離すことができなかったんですね。

ですが、私がシンプルライフに目覚めたことがキッカケとなり、全てのカードを手離すこととなったわけです。

後悔はありません。
今でも良い思い出として脳に記憶されています。

www.toritemi.com

ベイブレード

ベイブレード全盛期のとき。どこのおもちゃ屋さんに行っても売り切れでした。

親に車で連れて行ってもらい、1時間ほどかけて行ったところにやっとあったのを覚えています。大変だったなぁ。

ランニング

小学1年生の頃、私はとても低身長でした。
背の順で並んだ時もほとんど一番前に並ばされていました。

ところが、小学3年生あたりから急激に体が成長していき、小学6年生の時には後ろから3番目あたりまで上り詰めていました。

体が成長していくと共にどんどん足が速くなっていき、それからというもの走ることが好きになっていったわけです。それからだんだんと「もっと速く走りたい」という気持ちが強くなって行きました。

坂道ダッシュ、兎跳び、一日中つま先立ち、体全体の筋トレ……etcetc。
速く走るために色々なトレーニングを行いました。何度ゲロを吐いたことか。

その努力のおかげもあってか、小学6年生のときには「学年で一番足が速い奴」の称号を得たのです。
鬼ごっこ、ケイドロ、ポコペン、などなど、走ることが関わる遊びでは私は負けなし。

しかし、中学一年生の時に事件は突然起こりました。
そう。足の骨折です。

www.toritemi.com

この出来事からだんだんと速く走るということから興味が薄れてきてしまったのです。とはいえ、怪我が完治してからも足が速かったのは変わりませんでした。

中学、高校と、体力テストの結果は常に上位にいることができました。これも小学3年生から6年生までに行ったトレーニングが効いていたのかもしれませんね。

今でもたまに走ります。

まとめ

簡単にまとめると、「昆虫好きな少年が、友達と遊戯王とベイブレードをするために走り回ってたらいつの間にか足が速くなってた」です。

これが私の小学生時代です。

中学に入るとさらに趣味が広がっていくのですが、この話はまたの機会に。

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。