親知らずを抜いてきたので詳細なレポートを書いてみる

スポンサーリンク

ようやく親知らずを抜いてきました。

いえ、抜いたというよりかは……。

砕いた。

という表現が正しいかもしれません。
抜歯後に抜いた歯を見せていただいたのですが、それはもう粉々で無残な姿でした。

さて、というわけで”現在進行形で激痛と戦っている今”だからこそ書ける記事を残しておこうと思います。
親知らずは抜いた後が本番です。当然、抜く際にも痛いことには痛いのですが、なんとか耐えられるレベル。

ただこの痛みに耐えるだけではなんとも納得がいかないので、親知らずに関しての詳細なレポートをしていきます。

コイツが親玉「親知らず」

f:id:afrokanchan:20160621203504j:plain

これは今から約2ヶ月前、歯の健康を考えて2年振りに歯医者に行ってみた時に撮影したレントゲン写真です。

分かりますでしょうか。横から割り込むように生えているのが「親知らず」。

もはや「ちょっとすいませんね」レベルではありません。

どう見てもアウトロー。社会不適合者。
歯茎に対して直角に生えている時点でワケがわかりません。

ということで一大決心。

親知らず、抜きます。

抜歯当日から抜歯後までの流れ

約1ヶ月前、歯石取りの際に親知らず抜歯の予約をしました。
その時はさほど気にはならなかったのですが、1週間前にもなるとだんだんいろいろと考えてきてしまうんですよね。

どのぐらい痛いのだろうか、麻酔はきちんと効くのだろうか、痛みはどれほど続くのだろうか、食事は、歯磨きは?

考えても仕方がありませんので、できるだけ考えないようにしていました。無駄に怖がっても余計に痛みを悪化させるだけですからね。

当日の朝は恐怖が最高潮

やはり当日の朝は憂鬱。考えないほうが無理ってもんです。
抜歯は昼12時から。それまでは自宅でぐったりとアニメを見ていました。

「まぁ、骨折して全治3ヶ月の大怪我をした時に比べればなんてことはないでしょう」と、自分を安心させようとすることで必死でした。

抜歯突入

麻酔は2本。抜歯までにかかった時間は約30分ほど。
痛みはむしろ歯石取りの時の方が酷い。

どうやら私の場合、歯自体が大きく、難航していたようです。

何が一番酷いって、

「音」と「先生の独り言」。

麻酔が効いているのでそこまで痛みはないです。
抜歯が終わったら何をしようか、次は何のアニメを見ようか、腹減ったなぁ、眠いなぁ、そんなことを考えていれば十分耐えられる痛み。

脳に直接響く音

視界はタオルで覆われているため、情報源は耳と痛覚だけしかありません。

歯を削る音がかなりうるさい。

骨を直接削ったりしているわけなので、脳の奥に直接響いてくるのです。

キュイーンですよ、キュイーン。かなり高い音。
まるで、凄腕ギタリストのギターソロ終盤のチョーキングの嵐のような音。

さらには歯を砕く音。削って、割って、砕いて、取る。
これだけ聞くと簡単そうに思えますが、その行程は予想以上に辛いものがあります。

「あぁ、今歯を削っているんだな」「あっ、今歯が砕けたぞ」「おっ。歯の一部がすっぽ抜けた」

このように頭の中で口の中で行われていることが容易に想像できてしまうのです。
幸い、痛みさえないものの、音が与える恐怖と言ったら半端なものではありません。

骨が砕ける音を一番近くで聞いているのですから。

先生の独り言

第二に、「先生の独り言」があります。

「歯、大きいね〜」「あと半分ぐらいかな」「もうちょっと削ろうか」「しぶといね」

30〜40代前半の男性医師。見た目はどちらかというと若く、黒髪ショートヘア、清潔感のあるフレッシュな印象。
マットデイモンが日本人に生まれていたらこんな感じの顔だと思います。

それゆえに独り言も爽やか。しかし、それが逆に怖い。

まるで歯と会話しているかのような、歯茎と会話をしているような語り口。
そのおかげで現在の進行状況を把握することはできていましたが。

抜歯専門の医師ということで手際は良かったように思います。
と言っても、人生でそれほど抜歯経験があるとも言えないので確かなことはわからないのですが。

抜歯後

麻酔が効いているとはいえ、痛い。
叫びたくなるような激痛ではないものの、かなり痛い部類に入るでしょう。

例えるならば、「シャーペンの芯を思いっきり手にブッ刺した」ぐらいの痛み。
抜歯直後、そして、麻酔が切れかかる頃が特に痛みが増します。

麻酔が効いているうちはそれほど痛くありません。
さらに、痛み止めを飲んでいれば気にならない程度の痛みにはなります。

抜歯後は止血のためにガーゼを30分ほど噛んでいるように、と言われました。ガーゼを噛んでいるだけでも痛いのですが、ここは我慢。
血が止まればある程度痛みは和らぎます。30分経ってまだ血が止まっていない場合は新しいガーゼに交換します。

抜歯後は糸で傷口を縫合して終了。痛みは特にありません。
また、麻酔が効いているうちに、あらかじめ痛み止めは飲んでおきましょう。

薬と料金

もらったものは止血用のガーゼ抜歯後の注意事項が書かれた紙、そして痛み止めの薬と抗生物質です。

痛み止めは10錠、内服薬は食後3回3日分。

料金は6,110円でした。
参考までに内訳を。

【保険】
診料:46点 検査:200点
処置:282点 麻酔:49点
医学管理費:203点 投薬:106点
手術:1,150点

【合計】
保険:2,036点

【負担額】
保険:6,110円

3,000円ぐらいだと思っていたので、予想以上に高くてびっくりしました。まぁ、必要経費です。

抜歯後の注意点など

  • 抜歯した日は血圧を上げるような行為は避けたほうが良いでしょう。出血や痛みが止まらなく場合があるので守ったほうが無難です。
    うがい、過激な運動、入浴、飲酒、喫煙などですね。
  • 唾液に少量の血が混じっている程度なら心配なし。
    何度もうがいをしてしまうと、出血が止まらなくなるので注意。
  • 再び出血してしまった場合、清潔なガーゼを噛んで傷口をしばらく保護。20〜30分ほどでOK。
  • 抜いたところは触らない。歯ブラシでつついたりしない。

大まかにはこんなところ。
あと気になるのは食事と口臭でしょうか。

食事はおかゆやうどんなど、あまり噛まなくてもいいものをおすすめします。
痛いときは噛むのも面倒。口を動かすのも、話すのも億劫になります。

抜歯したところと反対側の歯で噛むようにしましょう。
痛いからといって物を食べないと回復を遅めてしまい、結果痛みが続く原因になりますのである程度我慢して食べましょう。

口臭。
臭いと異物感が気になってうがいを頻繁にしてしまいがちですが、傷口の回復を待つためにうがいは控えるべきでしょう。

ただ、そうなると気になるのが口臭。
対人を想定するならばマスクが一番無難でしょう。

傷口に触れさえしなければ歯磨きもOK。

まとめ

というわけで、次回は抜糸のために1週間後に再び歯医者に行ってきます。15分程度で済むということで、あとは痛みに耐えれば楽勝ですね。

今、抜いたところがぽっかりと穴が空いているのですが、この画像をここにアップするのはなんとも気が引けるので自重します。

激しい痛みは2日程度続くようです。あとは徐々に傷口が治っていくのに比例して痛みが引いていく模様。
痛みと緊張でだいぶ疲れていたのか、帰宅後は「境界の彼方」を見ながらいつの間にか寝ていました。

抜歯後の本当の戦いは、この痛みと口臭ですかね。

それにしても疲れました。
こうしている今も違和感を感じています。痛み止めが切れてきたのか、少しだけ痛みも感じられます。

薬を飲んで早く寝ますかね。

スポンサーリンク