【コンビニ弁当】今更ながらTwitterで投票機能を使って2択アンケートをしてみた

スポンサーリンク

公園で昼食を食べていた時のこと。

その日はとても日差しが強く、座っているだけでもじっとりと汗をかいてしまうほどの陽気でした。

そんな時、ふとこんなことを思ったのです。

『あれ。もしかして、コンビニ弁当って夏でも温めた方がいいのだろうか』

コンビニで買った500円ほどの唐揚げ弁当を食べながら、ぼんやりと感じる違和感。

確かに、こんな暑い日に熱い弁当を食べるのは気が進まない。
しかし、”コンビニ弁当は温めてナンボ”なのではないだろうか。

冷えた唐揚げより、暖かい唐揚げの方が美味しいはず。

『そういえば、Twitterにアンケートのようなものが追加されてたんだっけか』

自分で考えていても答えが出そうにもなかったので、ここぞとばかりにTwitterのアンケート機能を使ってみることにしました。完全に思いつきです。

Twitterのアンケート機能

2015年10月からTwitterに新たに実装された「アンケート投票機能」

2~4つの選択肢を設定することができ、手軽にアンケートを作ることが可能です。
2016年5月現在、Webブラウザ(PCサイト)、およびスマートフォンの「公式Twitterアプリ」以外、この投票(アンケート)機能は使用不可となっています。

質問文字数 最大116文字
選択肢文字数 最大20文字
選択肢数 4択(※追記 11/24に2択から4択へ変更あり)
投票期間 ツイートから24時間
フォロワー以外からの投票 可能
表示形式 棒グラフ・%(パーセンテージ)
投票回数(制限) 1アンケートにつき1回のみ
その他 ・PCサイトか公式アプリ(iPhone・Android)以外は作成・投票・閲覧が不可
・自分が作成したアンケートには回答できない
・投票受付期間中は、回答者にのみ集計結果がわかる
・フォローしてないアカウントでも投票可能
・誰が投票したかはわからない

引用:http://wakarukoto.com/?p=16866

f:id:afrokanchan:20160529233202p:plain

現在は投票期間も伸びたようですね。

アンケート非対応アプリの場合

f:id:afrokanchan:20160529233406p:plain

ちなみに、アンケート非対応アプリの場合はこのように表示されます。
ただの意味のわからないツイートに成り下がっている模様。悲しいです。

使用しているアプリは「Tweetbot」です。

Tweetbot 4 for Twitter
1,200円
(2016.05.29時点)
posted with ポチレバ

アンケート機能を使って呟いてみた

というわけで、「夏でもコンビニ弁当を温める?温めない?」というアンケートを実際にツイートしてみました。

そして、こちらが実際のツイートされた画面。
気が向いたらポチッと投票してみてください。

f:id:afrokanchan:20160529233801p:plain

こちらはiOS版の公式Twitterアプリの表示画面。

Twitter
無料
(2016.05.29時点)
posted with ポチレバ

なんと、意外と回答が頂けているではないですか。

正直、誰からも相手にされず、投票期間の7日間をこのまま何の変化も得られないまま終えるものだと思っていました。

とても嬉しいです。アンケートに投票してくださった5人のフォロワー様に感謝。

肝心のアンケート結果なのですが、意外や意外、夏でもコンビニ弁当を温める人が5人中2人。

やっぱり、外が暑くても温かいお弁当を食べたいものなのでしょうか。
確かに、冷たいよりかは温かいほうが美味しいですものね。コンビニ弁当。
中には電子レンジ調理が必須のものもありますし。

夏になると無性に熱いラーメンが食べたくなる、はたまた、冬になるとキンキンに冷えたアイスを食べたくなる、などの現象と同じなのかもしれません。

まとめ:Twitterアンケート、使い方によっては面白くなりそう

フォロワーが多い芸能人とかだったら、もっと面白いことができそうですよね。

むしろ、ビジネスのマーケティングなどにも繋がりそうな予感。
『フィギュア化して欲しいゲームキャラクターはどれ?』的な。

簡単に作ることができますし、何よりシンプルで面白い

ただ、アンケートにハマって、”アンケートしか呟かない人”と認識されるようになっては元も子もありません。……あ、いや、それも面白いかも。
ひたすらアンケートを呟くだけの謎アカウント。謎組織。

それで、そのアンケートの結果をまとめてブログ記事にしちゃう、とか。

あれれ。もしかしたら、このアンケート機能、ブロガーにとってもかなり便利なものなのかもしれません。

というわけで、面白い使い方ができそうな「Twitterアンケート機能」のお話でした。

スポンサーリンク