ヨーグルトメーカーを使って自家製ヨーグルトを作ってみた

スポンサーリンク

からだの中から健康に。腸内がキレイであれば、肌もキレイ。

美しさと健康を保つためには、まずは腸内環境を整える必要があるわけですね。

腸内環境を整える、と聞いて真っ先に思い浮かぶものは……。

そう、ヨーグルト。

というわけで、今回はヨーグルトメーカーを使って自宅でヨーグルトを作ってみました。

自家製ヨーグルトの作り方

用意するもの

  • パック入り牛乳(500ml or 1000ml)
  • 種用のヨーグルト(市販のヨーグルト※例外あり)
  • ヨーグルトメーカー

種用のヨーグルトについて

種用のヨーグルトについてですが、こちらのページ様を参考にしてみると良いでしょう。
以下、一部を引用させていただきます。

明治乳業

  • R-1(ドリンクタイプ)
  • R-1(固形タイプ)
  • PA-3(ドリンクタイプ)
  • PA-3(固形タイプ)
  • ブルガリアヨーグルト(ドリンクと固形の両方で成功)

雪印メグミルク

  • ナチュレ恵ヨーグルト(雪印メグミルク)

ヤクルト

  • ジョア
  • ソフール

その他

  • ダノンビオ(ダノン)
  • ダノンデンシア(ダノン)
  • 朝食BifiX(グリコ)
  • ビヒダスのむヨーグルト(森永乳業)
  • ビヒダスプレーンヨーグルト(森永乳業)

ちなみに、僕はブルガリアヨーグルト(固形)を使用しました。

ヨーグルトメーカーについて

正直、安価なもので十分だと思います。
乳酸菌発酵の適温を保つ、ということができればOKですので。

僕が使用しているものは、「TIGERのヨーグルトメーカー CHD-A050-W」です。

ただ、こちらは500mlの牛乳パックが入るサイズなので、1000mlのものを使用する際は、ヨーグルトメーカーに合わせて牛乳パックをカットする必要があります。

最初から「トプラン ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016」のような1000ml対応のヨーグルトメーカーを購入するのもあり。こちらの商品はAmazonで一番売れているヨーグルトメーカーのようです。

ヨーグルトの作り方

はい、それでは早速ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作っていきましょう。
作り方は、とても簡単。

  1. 牛乳と種用のヨーグルトをMIX
  2. ヨーグルトメーカーに入れて保温
  3. 発酵が終わったら冷蔵庫へ

0.事前準備(僕の場合)

まず、僕の場合、ヨーグルトメーカーに合わせて牛乳パックをカットしなくてなりません。
雑菌の混入を最小限にしたい場合は、初めからヨーグルトメーカーに合うサイズの牛乳を用意するか、1000ml対応のヨーグルトメーカーを用意してください。

f:id:afrokanchan:20160514093517j:plain

どう見てもハミ出てます。

f:id:afrokanchan:20160514093538j:plain

カットします。

f:id:afrokanchan:20160514093554j:plain

まだ少し心配ですが、これで良いでしょう。

f:id:afrokanchan:20160514093641j:plain

渾身の力で折ります。

f:id:afrokanchan:20160514093704j:plain

少し浮いておりますが、大丈夫。安心してください。

f:id:afrokanchan:20160514093724j:plain

そう。輪ゴムと爪楊枝があれば、ね。

f:id:afrokanchan:20160514093843j:plain

これぞ人類の最大の武器、知恵だ!

1.牛乳と種用のヨーグルトをMIX

f:id:afrokanchan:20160514094102j:plain

まずは、先ほど作成したカット済み牛乳パックに牛乳を注ぎ入れます。

f:id:afrokanchan:20160514094144j:plain

種用ヨーグルトおよび牛乳は、雑菌の混入を最小限に抑えるため、入れる直前で開封することがおすすめ。
僕は現在進行形で雑菌が混入しまくっております。

f:id:afrokanchan:20160514094513j:plain

いよいよ、ヨーグルトを入れていきます。ドバッと。素早く。
この際もスプーンは熱湯消毒しましょう。

面倒な方はドリンクタイプのヨーグルトを使用するか、ワイルドに固形ヨーグルトの容器を押しつぶして入れちゃいましょう。ただし、溢れた時の責任は取れませんので自己責任で。

f:id:afrokanchan:20160514094755j:plain

混ぜます。箸で混ぜる際はこの時も熱湯消毒。
面倒な方はシェイクで。フタを両手で押さえ、全力で降ります。
部屋に牛乳をブチまけたくない人は、面倒でも熱湯消毒した箸やスプーンを使用しましょう。

2.ヨーグルトメーカーに入れて保温

f:id:afrokanchan:20160514095032j:plain

あとはヨーグルトメーカーに放り込んで保温していきます。
熱場であれば8時間~11時間、冬場で10時間~13時間程度で発酵してくれるようです。

これは時々様子を見ながら判断してください。中を見て軽く振り、牛乳が残っているようであればまだ保温が必要です。

3.発酵が終わったら冷蔵庫へ

f:id:afrokanchan:20160514095445j:plain

発酵が終わったら冷蔵庫へ入れて保存しましょう。
そのままにしておくと発酵がさらに進み、酸っぱくなります。

完成したヨーグルトは一週間程度を目安に食べ切ると良いでしょう。

注意点とか

雑菌の混入に細心の注意を

色々な調理器具を使うよりも、素早く種を牛乳に混ぜて発酵を開始する方が清潔なのです。

引用:http://yahuhichi.com/archives/267.html

色々な道具を使うと、雑菌が混入し、腐る原因となってしまうようです。
シンプルにいきましょう。

種用のヨーグルトに注意

ちゃんとしたヨーグルトができるためには、フェーカリス菌とブルガリア菌という乳酸菌が連携して発酵させる必要があります。

引用:http://yahuhichi.com/archives/267.html

また、ビフィズス菌は空気に触れると死んでしまうようなので、家庭で作るのは不可能と言っていいでしょう。

種用のヨーグルトは市販のものを

自分で作ったヨーグルトを種に、またヨーグルトを作るということも可能ですが、おすすめはできません。
というのも、家庭で作る際にはどうしても雑菌が混入してしまうからなんですね。

質のいいものを作るためには、市販で買ってきたヨーグルトを種にしましょう。
自分で作ったヨーグルトを種に作る場合も、1回程度に。

僕は最高で3回ほど自分で作ったヨーグルトを回して使いましたが、酸っぱくて美味しくありませんでした。食感もボソボソなので、使い回すのはやめておいたほうがいいです。

まとめ

f:id:afrokanchan:20160514100735j:plain

というわけで完成しました。自家製ヨーグルト。
ちょっと酸っぱくて、食感もボソボソ気味です。

おそらく、雑菌の混入に気をつければ、もっと美味しいヨーグルトを作ることができるはずです。

と言っても、とても簡単なので試してみる価値はあると思います。
興味のある方は是非ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作ってみてくださいね。

参考にさせていただいたサイト様

yahuhichi.com

スポンサーリンク