購入から5年、愛用のバックパック「GREGORY MUIR24」をついに洗ってみた

スポンサーリンク



僕が長年愛用し続けているバックパック「GREGORY MUIR24(グレゴリー ミューア24)」

その名の通り、24リットルの容量を持つかなり使い勝手の良いバックパック。
購入から約5年が経ちましたが、その間”一度も洗ったことがない”という不潔の極み。
しかし、不思議と嫌なニオイもせず、大きな破損もない。
なんとも丈夫なバックパックですが、さすがに一度ぐらいは洗ってあげないといくらなんでも不衛生すぎますよね。

というわけで急いで洗ってあげましょう。
ミューアちゃんが洗われたことにも気がつかないほどスピーディにウォシュレットして差し上げましょう。

多くの思い出が詰まった「ミューア24」

f:id:afrokanchan:20160509204822j:plain

思い返してみれば、いつだって「ミューア24」と一緒でした。
川に釣りをしに行く時はもちろん、横浜の海を見るために埼玉から片道7時間かけてママチャリを必死に漕いだ時も、野生の蛇を素揚げして頂いた時も、川でワインをラッパ飲みしながら本を読んだ時も……。

自転車初心者が8時間半かけて飯能から秩父長瀞に行ってみた

2016.08.09

【大自然読書】2本のワインと1冊の本だけを持って川に行ってみた

2016.04.11

このバックパックにはたくさんの思い出が詰まっています。言うなれば、僕の挑戦をいつも近くで見守ってきた相棒ともいうべき存在
そんな大事なモノをぞんざいに扱ってはいけません(5年経ってやっと気がついた)。

これからも快適に使用していくために、ここらで一つ汚れを綺麗さっぱり落としちゃいましょう。

バックパックの洗濯方法

参考にさせていただいたのは、モンベルのバックパック洗濯方法ページ

すると、そこにはこんな表記が。

  • バックパック本来の強度や機能性を維持し、快適に使用を続けるためには、こまめなメンテナンスと適切な保管がとても重要
  • ショルダーベルトやバックパネルなど、体に密着しパットが入っている部分は夏山縦走などでは多量の汗が溜まる
  • 汚れたまま長期的に保管すると、各パーツの劣化を早めるうえに、カビや臭いの原因にもなる
  • 一度発生したカビを除去するのは非常に困難
これは……。

すでにカビだらけの予感。

損傷や経年劣化のチェック

こちらのページには劣化しやすいポイントなども紹介されておりますので、ハードに使用する方は念入りにチェックしたほうがよさそうです。
……とは言ったものの、道具のメンテナンスは基本中の基本ですよね。
いえ、僕がおかしいんです。あまりにズボラすぎるんです。

ここでは砂や異物が入っていないことを確認してチェック完了。

準備

外せるパーツは洗濯前に外し(フレーム、ショルダーハーネスやウエストベルトのアダプタ等)、ジッパー類は開けておきます。
f:id:afrokanchan:20160509183152j:plain

はい。とりあえず開けられるところはすべて開けて、外せるところは全部外しました。
にしても後ろの壁が異様に汚いですが気にしたら負けです。

初めてのお風呂

これから「押し洗い」を繰り返し行っていきたいと思います。

f:id:afrokanchan:20160509183335j:plain

風呂桶にバックパックがつかるぐらいのぬるま湯を張り、中性洗剤を投入。

f:id:afrokanchan:20160509183649j:plain

はーい、お風呂ですよー。

f:id:afrokanchan:20160509183908j:plain

おや、お湯の色が大変なことに。

まぁ、5年分の汚れが溜まっていたらこのぐらいは当然でしょうね。確か髪を染める液体を洗い流した時のお湯の色がこんな感じでした。

f:id:afrokanchan:20160509184220j:plain

ゲスゥッッッッッ!

f:id:afrokanchan:20160509184300j:plain

一度汚れが溜まったお湯を捨て、また同じようにお湯を張ります。

まるで我が子を風呂に入れる父の気分

f:id:afrokanchan:20160509184515j:plain

ここからは「すすぎ」の段階になります。
まるで我が子をお風呂に入れているお父さんの気分。

『元気に育つんだぞ、ミューア』

なんというDQNネーム。
きっと「夢亞」と書いてミューアでしょうね。

f:id:afrokanchan:20160509184927j:plain

再びお湯を捨てます。これをあと3回ほど行いました。

f:id:afrokanchan:20160509185034j:plain

押し洗いの様子。びしょびしょの手で撮影。iPhoneも命がけ。

f:id:afrokanchan:20160509185138j:plain

まだ汚れが出てきます……。

f:id:afrokanchan:20160509185310j:plain

ダメ押しの一回。だいぶお湯が汚れなくなりました。十分でしょう。

水気をきる

f:id:afrokanchan:20160509185541j:plain

さて、すすぎ終わったところで次に水気を切っていきます。
特に背面パッドは水を含みやすいので「パァンッ!」と気合を入れて手で水を押し出していきます。

陰干し

f:id:afrokanchan:20160509204102j:plain

あとは、直射日光が当たらない、風通しの良いところで陰干し。
水分が残らないように完全に乾燥させればバックパックの洗濯は完了です。

まとめ

目には見えなくても、バックパックにはかなり汚れが溜まっていることがわかりました。

いやー、やっぱり普段使っているモノが綺麗になると嬉しいものですね。
約5年放置の末、やっとこの結論までたどり着くことができました。

これからも大切に使っていこうと思います。本当にお気に入りのバックパック。

ちなみに、Amazonだと現在在庫切れで、再入荷の予定もないようですよ。

関連記事

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。