【不思議な記憶】子供の頃の記憶がいい加減すぎる件【タイムスリップ】

スポンサーリンク

忘れるはずがないようなこと。しかし、誰も何一つとして覚えていない。

案外、記憶というものは、不確かで不安定なものなのかもしれません。
人間の脳は「やがて忘れるように作られている」とはよく言いますが、本当に起きたことではない、いわゆる「偽物の記憶」をも作ってしまうことはありうるのでしょうか。
例え、その記憶が”勘違いや思い違いの域を超えていた”としても、それは偽物の記憶ではないと言い切れるのでしょうか。

さて、今回は、まだ私が小さい頃に体験した、記憶に関する不思議なお話をさせていただきます。

はじめに

これは作り話やフィクションの話ではありません。
私の頭の中では、”100%実話”という括りで今もなお保存され続けている記憶です。

今となっては、それが夢か現か定かではないのですが。

不思議なお茶会

f:id:afrokanchan:20160417092911j:plain

私がまだ幼稚園か、小学一年生だった頃、母親と一緒に近所のお茶会に参加したことがありました。

そこには、私と母、そして、母の友人が2人、合わせて4人が丸型のテーブルを取り囲むように座っていました。
お茶会は母の友人宅で開かれていたのですが、家の中はとても広く、洋風な家具が多かった印象があります。

壁際には2mほどの大きな古時計が置かれており、天井からはプロペラのような形をしたライトがぶら下がっていました。
初めのうちは足のつかないような高さの椅子にちょこんと座り、頂いた紅茶を飲んだり、部屋の中を見渡したりとおとなしくその時間を過ごしていました。

が、子供は私一人。当然、大人たちの会話についていけるはずもなく、次第にその場にいることが苦痛に感じられてきたんですね。

会話が始まって1〜2時間が経った頃だったでしょうか。
退屈に耐えられなくなった私は、その日、先に一人で帰ることにしたのです。
私の家はそこから比較的近い場所にあったので、母親も難なく承諾してくれました。

子供が一人、夜道を歩く

時刻は午後6時を回っており、外はすでに暗くなっていました。子供の私にとって、夜は「恐怖の対象」でした。
いつも母親と一緒に帰っていた道も、一人では予想以上に心細く、足早に家までの帰り道を辿っていきました。

当時の私は、夜に一人でトイレすら行けないような怖がり。
犬が吠える声に驚いて心臓が飛び出しそうになったり、電柱に貼ってある張り紙の顔にびっくりしたり。今思えば、かなり挙動不審であったと思います。

無事に帰宅すると、すでに母親がいた

ビクビクしながらも、無事に帰宅。
「何も起きなくて良かった……」と玄関でホッとしていると、廊下の奥から「おかえり〜!」と女性の声が。

あれ?おかしい。

うちには母親しか女性陣はいないはず。

驚いて靴を乱雑に脱ぎ捨て、居間に直行。
すると、そこには見慣れた母親の姿がありました。

頭の整理が追いつかず、どういうことかさっぱり理解不能。

しかも、確かに姿は私の母親なのですが、少し違和感があるんですよね。
母親だけに限らず父親、兄弟の性格や話し方、家の細かい家具の配置、それら全てが微妙にいつもと違う。ほんのわずかな差なのですが。

どことなく家全体の空気がピリッと張り詰めているというか、私がここにいるべきではないような違和感というか。

帰ってくるときには暗かった空も、なぜかそのときには少し明るくなっていました。

「ついさっきまでお茶を飲んでて……。あれ?なんで?なんで?」

泣きながら必死にこの不思議な現象を説明するも、当然、理解されるはずもなく。

「うーん、夢でも見たんじゃない?」と母親に諭されておしまい。

記憶は薄れ……

f:id:afrokanchan:20160417092828j:plain

それから時が経つごとにその記憶は次第に薄れていき、「あー。世界にはこういうこともあるんだな」と子供ながらに感じていたようにも思います。
しかし、その後も何度か似たようなことがあり、その度に母親に泣きついて一生懸命説明を繰り返した覚えがありますね。

今は当然そんな不思議な出来事もなく、我が家は我が家であることに変わりはないですし、違和感なんてものも皆無。

いつの間にか忘れてしまっておりましたが、中学生のときにもこの出来事をふと思い出したことがあったんですね。
「私って小さい頃によくこんなことで喚いてたよね」と、家族みんなに確認してみましたが、誰も何一つ覚えていませんでした。不思議。

今となっては

今となっては、この体験が狐に化かされたということなのか、はたまた物心がついた瞬間だったのか、それとも本当に何か不思議な出来事に巻き込まれたのか、ただの夢だったのか確かめる術はありません。

案外、子供の頃なんて、映画やドラマ、人から聞いた話、夢、想像、そういったシチュエーションがごちゃ混ぜに記憶されているようなもの。
こういう不思議なことがあってもおかしくはないように感じますね。

この出来事以外にも小さい頃の記憶でおかしいことはたくさんあるのですが、こういった記憶を一つ一つ掘り起こしていると、「一体何が本当で何が本当じゃないのか?自分は何者で、この世界のどこからどこまでが本物なのか?」と、無限ループに入り込んで頭がおかしくなりそうなのでやめておきます。

「もし、この体験が本当にタイムスリップや異次元の話だとすると、今私がこうして生きている世界は本物なのか?それとも偽物?」
「本当にそうだとしたら何度、異次元を行き来して、何度、違う母親に会ってきたのか?」
「もしあの時、帰り道を引き返してお茶会に戻っていたら?」

考えるとキリがありません。幼少期には記憶の混濁がよく見られるそうなので、これもその中の一つなのかもしれませんね。
何はともあれ、この出来事はこれからも“実際に起きた不思議な現象”として私の記憶に残り続けることになるでしょう。

スポンサーリンク