【開封レビュー】DTM用にモニタースピーカー「YAMAHA HS5」を購入してみた【徹底比較】

スポンサーリンク

DTM用のモニタースピーカーを探し始めてもう1ヶ月以上。「YAMAHA MSP3」「Fostex PM0.4d」。散々悩んだ挙句、結局「YAMAHA HS5」を選びました。

先日やっと頼んでいたモノが届いたので、同価格帯のモニターとの比較「YAMAHA HS5」の開封&レビューをしていきたいと思いますよ。

モニタースピーカー「YAMAHA HS5」の用途

DTM入門用のモニタースピーカーとしてよく挙げられている、「YAMAHA HS5」

これから本格的に音楽制作をやっていく上で、ちゃんとした音が鳴るスピーカーが欲しかったんです。特に、MIXの際に左右の音の干渉を確かめるため、フラットな状態で音を聴きたかったという点が強いですね。

以前まではベースアンプをスピーカー代わりにしていたのですが、MIXすらできず、スピーカーとしてもおもちゃレベルでした。

【学習机でDTM】DTM歴3ヶ月目の初心者が現在の環境をまとめてみる

2016.03.18

予算と同価格帯のモニタスピーカーとの比較

予算は大体3万円。近頃、DTM関連のモノを買いすぎて財布の中身がミニマリストなのです。
この価格帯で候補に上がったのは、「YAMAHA MSP3」「Fostex PM0.4d」、そして「YAMAHA HS5」の3つ。

まずはそれぞれの仕様を見比べていきましょう。

それぞれの仕様

YAMAHA MSP3

f:id:afrokanchan:20160408103206p:plain
引用:MSP3 | スピーカー | 製品情報 | ヤマハプロオーディオ

Fostex PM0.4d

f:id:afrokanchan:20160408103254p:plain
引用:PM0.4d | FOSTEX(フォステクス)

YAMAHA HS5

f:id:afrokanchan:20160408103306p:plain
引用:HS Series | スピーカー | 製品情報 | ヤマハプロオーディオ

見るべきところ

僕が見比べたところは、特に周波数特性、入力端子、寸法、質量です。
専門的な部分はさっぱりですが、机に置けるかということ、そして、重さはどのぐらいなのかということを確認しました。

中でも、入力端子についてはよく確認しておいた方が良さそうです。

入力端子

表を見てもちんぷんかんぷんという方は、実際に画像を見比べてみるとよりわかりやすいでしょう。

YAMAHA MSP3

f:id:afrokanchan:20160408104958j:plain
引用:MSP3 | スピーカー | 製品情報 | ヤマハプロオーディオ

Fostex PM0.4d

f:id:afrokanchan:20160408105017j:plain
引用:PM0.4d | FOSTEX(フォステクス)

YAMAHA HS5

f:id:afrokanchan:20160408105032j:plain
引用:HS Series | スピーカー | 製品情報 | ヤマハプロオーディオ

ちなみに、AmazonのYAMAHA HS5のページでは、なぜか「audio-technica AT581A」がおすすめされています。
しかし、HS5にはRCAピン・ジャックピンは刺さりません。そのまま繋ぎたい、安価に済ませたいという方は「audio-technica ATL474A」をおすすめします。

間違って購入してしまった僕からの事故後の貴重なアドバイスです。

ケーブルを繋ぐ時の注意点とか

f:id:afrokanchan:20160408134308j:plain

僕の場合は、イヤホンですぐ確認したいということもあり、ヘッドホンアンプ「audio-technica AT-HA2」をオーディオインターフェイスとモニタースピーカーの間に挟んでいます。
この時は「AT-HA2」と「HS5」を「audio-technica AT581A」で繋いでいます。間違って買ったわけではないです。決して間違って買ったわけでh(ry

サウンドハウスのページでは音質比較もできるよ

サウンドハウスのページでは人気スタジオモニターのサウンドを実際に聴いて比較することができます。
残念ながらPM0.4はありませんが、僕はここでMSP3とHS5を何百回と聴き比べました。

soundcloud.com

soundcloud.com

こちらはYouTubeに上がっていたPM0.4nの動画。

僕がHS5を選んだ理由

最初のうちは「Fostex PM0.4d」のホワイトを購入することに決めていました。
しかし、サウンドハウス、Amazon共に在庫切れ。仕方なしに、候補は自然とMSP3とHS5へ。

そもそもPM0.4dは実際に音を聴いていなかったので少し不安な点もありました。
この3つの中では最も安価で、デザイン性も良く、一番軽いものになります。特にこだわりがなければPM0.4を選んでもいいのかな、と思いますね。

ただ、音の好みは分かれると思うので実際に自分の耳で音を聴いてみたほうがいいでしょう。

デザインの良さ

何よりデザインが素晴らしい。黒一色というのも素朴すぎると思っていたのもあり、PM0.4のホワイトを選ぼうと考えていました。
が、HS5のデザインを見てから、そのシンプルな見た目にだんだんと惹かれていったんですね。

また、コントロール等が背面にあるのも好ポイントです。MSP3は前面にコントロールがあります。これはこれで便利なのでしょうけど、見た目が少しシンプルじゃない。
HS5は白いスピーカーに、黒いマットボディ。非常にシンプル。また、電源をONにすればYAMAHAのロゴがクールに光ります。

ちょうどいい音量バランス

自宅で使用するため、そこまで大きい音量は出しません。
サウンドハウスのページで聴き比べをしたところ、MSP3に比べて低音がスカスカしている印象を受けましたが、家で鳴らす分にはちょうどいいレベルだと判断。

結果的にはHS5を選んで正解でした。

また、HS5にはルームコントロールスイッチが搭載されており、500Hz以下の低域を2dB or 4dBカットが可能です。
さらに、ハイトリムスイッチによってツイーターを2dBブースト or 2dBカットも可能となっています。

コスパがいい

なんとか予算内におさめることができました。
PM0.4に比べると少しばかり高価ですが、このクオリティであれば申し分なしです。
モニタースピーカーにしてはペアで3万円と、かなりコストパフォーマンスがいいですね。

いざ、開封

さて、前置きが長くなってしまいましたが早速開封していきましょう。
記事を2つに分けることも考えたのですが、あえて同じ記事内で開封もしていきます。
少しでもDTM用入門用のモニタースピーカーを探している人の助けになれば、それが何よりも嬉しいことですからね。

サウンドハウスからHS5が届いたよ

ポイントが溜まっていたので、今回はサウンドハウスで購入しました。

でかい。

思っていたよりもでかいです。早速開封していきましょう。

黙々と開封していくだけのコーナー

パカッ。

f:id:afrokanchan:20160408133700j:plain

ずるずる。

f:id:afrokanchan:20160408133708j:plain

ベコッ。

f:id:afrokanchan:20160408133801j:plain

じゃん。

f:id:afrokanchan:20160408133820j:plain

デデーン!(ドラゴンボール風に)

f:id:afrokanchan:20160408133831j:plain

毎度お馴染みニベア青缶との比較画像

f:id:afrokanchan:20160408133932j:plain f:id:afrokanchan:20160408134026j:plain f:id:afrokanchan:20160408134047j:plain f:id:afrokanchan:20160408134056j:plain

早速電源を繋いでみる

スピーカー1つに対して電源コード1つが必要になります。
ペアで使う場合2つのコンセントが必要ということですね。ご注意を。

f:id:afrokanchan:20160408134122j:plain

おぉ!YAMAHAの音叉ロゴが光りました!クール!

f:id:afrokanchan:20160408134243j:plain

机に設置してみる

それでは机に設置していきましょう。

f:id:afrokanchan:20160408135929j:plain

うおっ、狭い。ですが、これでかなり環境が整いました。
そしてモチベーションも一気に向上。

モニタースピーカー設置のポイント

  • 高域用のツイーターが耳の高さになるようにする
  • 自分の頭とスピーカーのポジショニングが正三角形になるようにする
  • 設置面にインシュレーターを置く
  • 壁から最低でも2〜30cm程度離して置く

f:id:afrokanchan:20160408135334p:plain
引用:http://www.otaritec.co.jp/web-catalogs/genelec_monitor_setup_guide_web.pdf

僕は今のところ必要性を感じていないので机に直置きです……。
スピーカースタンド、インシュレーターを導入すればさらに音質の向上などが望めそうですね。

参考にさせていただいたサイト様

番外編:モニタースピーカーが置かれている部屋の参考画像

MSP3、PM0.4d、HS5が置かれている部屋の参考画像を勝手にまとめております。
なぜって、こういう写真を見ることが僕の趣味だからです。

MSP3

f:id:afrokanchan:20160408142032j:plain
引用:星になれたら:MSP3

f:id:afrokanchan:20160408142059j:plain
引用:モニタースピーカー YAMAHA MSP3|地底人の部屋

f:id:afrokanchan:20160408142126j:plain
引用:【自己満足】曲を作ったので作業環境をさらしてみる。

PM0.4n

f:id:afrokanchan:20160408142149j:plain
引用:satoxie の部屋「DTM環境を少しだけ改善」 | reroom [リルム] 部屋じまんコミュニティ

f:id:afrokanchan:20160408142210j:plain
引用:良い曲は良い環境から!スタジオ・DTM部屋 画像まとめ【part.1】 | MeloDealer

f:id:afrokanchan:20160408142230j:plain
引用:モニタースピーカーがDTMに必要な理由と、人気の定番モデル

HS5

f:id:afrokanchan:20160408142300j:plain
引用:モニター環境の改善2 | Harmonic-Sound~DTMや写真についての情報ブログ~

f:id:afrokanchan:20160408142321j:plain
引用:もう少しで完成 : 学びの森

f:id:afrokanchan:20160408142322j:plain
引用:[雑記] 引越しました/新環境紹介 – Sound Lab 2.0

まとめ

これからもDTMを続けていく上で、いつかは必ず必要になるであろうモニタースピーカー。ということで、今回は思い切ってHS5を導入してみました。今後はこれを使って曲をバンバン制作していこうと思います。

ただ、問題点としては机が狭い……。これはHS5だけに限ったことではないですが。
今のところ特に不便というわけではないので、しばらくはこのままにしておこうと思います。

そういえば先日、やっと記念すべき初のボカロオリジナル曲をアップすることができました。もっとボカロを上手く使いこなしたいものです……。

おまけ

f:id:afrokanchan:20160408143702j:plain

ちょっとしたミニシアターにもなりますよー。
この画像はAmazonプライムの無料体験中ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアを観ているところ。実に素晴らしい作品でした。

スポンサーリンク