【Google AdSense】はてなブログで記事中・文中の2箇所にアドセンス広告を自動的に挿入してみた

スポンサーリンク



ついに、文中にアドセンス広告を挿入する決心をしました。しかも2箇所。

というのも、先日、Google AdSenseから最適化案を出されていたからなんですね。
「あなたのブログにある広告、3つのうち2つはあまり見られてないよ!設置場所を変更することをおすすめするよ!」というような内容。

前回のはてなブログカスタマイズ記事では、サイドバーと記事上、記事下の3箇所に広告を配置することで落ち着いておりました。しかし、最近になってからは、「記事上に広告があるのは美しくない」と感じ始めていたというのも事実。

というわけで、この機会に記事中・文中にもアドセンス広告を挿入することにしました。「SEO的に不利……」とか、「Google先生からの評価が……」とか色々聞いていたので今まで避けておりましたが、とりあえずやってみます。

【Google AdSense】広告の表示サイズをパソコンとスマホで使い分けて、配置も変えてみた

2016.03.16

本文中にアドセンス広告を自動的に挿入したい

手作業は辛い。本当に辛い

今まで3度、全記事修正の経験はしてきておりますが、その面倒さといったら半端なく辛いものです。

1度目はブログで使用している全画像の最適化。

ブログ記事数がやっと30を超えたので画像の最適化について考えてみた

2015.12.05

2度目は見出しの最適化。

はてなブログの見出しが正しく使われているか見直してみた

2015.12.07

3度目はカエレバ・ヨメレバ全リンクの書き換え作業。
こちらは記事にはしていませんが、記事数が100以上あったので大変でした。

上の2つは30〜50記事のときなので、今となっては楽な部類だったのかもと思いますね。

自動的に挿入できる方法は?

いちいち手作業でアドセンス広告を貼り直していくのはかなりの手間です。やはりここは人間。真っ先に楽な道を探し始めました。
というわけで、早速良さげな記事を発見。はてなの偉大な先人たちに学ばせていただきます。

はてなブログで「文中にアドセンス広告を入れる」を自動化する方法 – UXエンジニアになりたい人のブログ

こちらは、はてなブログの文中にアドセンスを自動で貼ってくれるスクリプト。
あまりに簡単で、あっという間に作業が終了してしまいました。

Before & After

変更前における2つの問題点

f:id:afrokanchan:20160404174519j:plain
  • 記事上:728×90 または 320×100で表示されるレスポンシブデザイン
  • 記事下:336×280 または 300×250で表示されるレスポンシブデザイン
  • サイドバー:336×280 または 300×250で表示されるレスポンシブデザイン

変更前はこのような配置になっておりました。ここで問題点は2つほど。

1.ファーストビューで表示されるバナータイプの広告が邪魔

f:id:afrokanchan:20160404174954j:plain

僕の場合、スマホでは320×100のバナータイプの広告が表示されるように設定しておりました。しかし、これだとファーストビューでコンテンツ(本文)が見えていないんですよね。

記事上にグローバルメニューがあるせいでファーストビューで本文が見えておりません……。

今はグローバルメニューは消していますが、それでもあまり綺麗ではありません。
この際、アドセンス広告を外しちゃいましょう。クリック率もあまり良くありませんでしたし。

2.スマホだとサイドバーの広告がほぼ機能しない

サイドバーにはPC:336×280、スマホ:300×250で表示されるレスポンシブデザインを配置していました。
PCでは問題ないのですが、スマホの場合、サイドバーそのものが関連記事の下に移動してしまうため、視認性がほとんどない状況でした。これではあってもなくても同じようなものです。

というわけで、こちらも別の場所に移動させます。

変更後のアドセンス広告配置

f:id:afrokanchan:20160404181520j:plain
  • 導入文のあと(目次下):336×280 または 300×250で表示されるレスポンシブデザイン
  • 記事中:336×280 または 300×250で表示されるレスポンシブデザイン
  • 記事下:336×280 または 300×250で表示されるレスポンシブデザイン

変更後は以上の配置となりました。バナータイプがなくなり、全てレクタングルデザインに変わりました。

具体的な方法とか

導入文のあと、つまり、僕のブログの書き方だと目次下に1つ目の広告が表示されることになりますね。
方法としては、先ほどの「文中にアドセンス広告を自動的に挿入するスクリプト」を使い、1 つ目の見出し(h3)の前に広告を置いてあげればOKです。

詳しくはこちらのサイト様「応用例2:最初の大見出しの直後に広告を入れる」や、「応用例3:2つのアドセンスコードを別の位置に入れる」をご覧ください。

「よくわかんねーよ」という方へ

最初はよくわからなくても、実際に自分でコードをコピペして、「ここを変えたらどうなるんだ?」という箇所を一つ一つ直していき、確認、さらに直して……、という具合に繰り返していけば自ずと道は切り開かれるはずです。

色々なサイトでわかりやすい説明を探すのもありですが、個人的には先ほどのサイト様で十分だと思われます。実際、カスタマイズ初心者の僕でもなんとかなりました。

まとめ

冒頭部分でも申し上げた通り、SEO的観点から文中に広告を置くのは推奨されないようです。
文中のアドセンス広告はクリック率が上がるといった話もありメリットも感じられますが、その反面ユーザビリティを下げてしまうことにもつながってしまう可能性があります。

文中に広告があると誤ってクリックされる可能性もありますよね。こうなると、「望んで広告をクリックしたわけではない」のでその後の成約率も低くなります。

結果的にブログの評価が下がっていき、SEOは弱くなっていくということなのでしょう。

このブログのほとんどは検索からの流入のため、今回の処置がどのように影響するのかは不明ですが、これからじっくりと観察していきたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。