ほぼフリーターの僕が青色申告承認申請書を郵送で出してみた

スポンサーリンク



もう少し余裕を持ってできればよかったのですが、案外ギリギリになってしまいました。

昨年のクリスマスイブに晴れて個人事業主となったものの、現在の状態のままでは大赤字の一途を辿るばかりです。

前回の記事で、「年間で損失が発生した場合に確定申告を行うことで、翌年以降最長3年間にわたって繰り越すことが可能」ということを学びました。
その結果、こんな僕でも青色申告をしておいたほうが良さそうだと判断し、平成28年度の青色申告を行うことにしました。

ということで今回は、青色申告承認申請書を郵送で送ってみたいと思います。

20代のうちに起業したかったのでクリスマスイブに個人事業主としてデビューしてみた

【ほぼフリーター】去年の12月24日に個人事業主となった僕は確定申告が必要なのか調べてみた

参考にさせていただいたサイト様

STEP4.税務署への届出 | 個人事業のアレコレ

郵送の準備をする

必要なもの

・青色申告承認申請書(必要であれば記入後の控えもコピーしておく)
・印鑑
・切手
・郵送用封筒
・返送用封筒
・返送用切手
・のりor両面テープ

おそらくこれだけ用意すれば大丈夫です。

青色申告承認申請書への記入

f:id:afrokanchan:20160311223822j:plain

所得税の青色申告承認申請書(PDFファイル/151KB)をダウンロードして印刷します。

書き方は過去の僕の記事、もしくは以下のサイトを参考にすると良いかもしれません。

青色申告承認申請書の書き方・提出方法

控え用のコピーも忘れずに

記入漏れ等がないことを確認し、控え用のコピーを1部取ります。印鑑も忘れずに。
特に不備がない限りは税務署からの連絡はありません。控えが欲しい場合は必ず控え用のコピーも一緒に送り、返送してもらいましょう。

この際、控えのものに「受付印を押印したものを返送して下さい」などと添えておくと丁寧でしょう。

f:id:afrokanchan:20160311224807j:plain

個人番号について

「個人番号」という項目がありますが、実質的に平成28年分の申請・届出も個人番号の記載は不要で問題ないようです。
詳しくは以下のサイトを参考にしてください。

実質28年分の申請・届出も個人番号の記載不要で問題ない | 税務情報

僕の場合の記入例

f:id:afrokanchan:20160311223748p:plain

郵送&返送用の封筒と切手を購入

f:id:afrokanchan:20160311224509j:plain

100円ショップで郵送&返送用の封筒を購入しました。
角形2号の茶封筒です。

そして、郵送用の切手(120円分)&返送用の切手(82円)も購入。

切手の料金表はこちら。

国内の料金表(手紙・はがき) – 日本郵便

返送用の封筒

f:id:afrokanchan:20160311225002j:plain

返送用の封筒です。
自分の郵便番号、住所、氏名を記入します。
僕は、相手の手間を省くため、自分の名前に「様」を書きました。

裏面には何も記入しなくて大丈夫です。
3つ折りにして、郵送用の封筒に一緒に入れておきましょう。

以下のサイト様を返送用の封筒の書き方について参考にさせていただきました。

返信用封筒の送り方(速達や差出追跡付きはレターパック推奨)役所謄本

両面テープをつけておく

f:id:afrokanchan:20160311225325j:plain

こちらも相手の手間を省くため、予め返送用の封筒の口に両面テープを貼っておきます。
僕はのりも両面テープも持っていなかったので、両面ガムテープで止めてしまいました……。おそらく避けたほうがいい例です。

必要なものが揃いました

f:id:afrokanchan:20160311225510j:plain

ということで必要なものが揃いました。

・郵送用の封筒(120円切手)
・返送用の封筒(82円切手。両面テープ付き)
・青色申告承認申請書
・青色申告承認申請書のコピー(付箋で添え書き)

以上です。

まとめて郵送用の封筒に入れ、納税地を所轄する税務署宛に郵送します。

f:id:afrokanchan:20160311225713j:plain

あとは、これを郵便ポストへ打ち込めば任務完了です。

まとめ

はい。ということで案外簡単に青色申告承認申請書を郵送で提出することができました。

あとは不備がなく、返送用の封筒が届けば万事OKですね。

今年は、確定申告の紙が書けるように頑張ります……。

追記:2016/3/30

2週間ほどで提出した青色申告の控えが無事に返送されてきたのですが……。
なんと、料金不足でした。なんともお恥ずかしい。

f:id:afrokanchan:20160330210233p:plain

次の日にすぐに郵便局で支払ってきました。僕のようにならないためにも料金は事前にきちんと調べておきましょう。

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。