2年前に購入したマウスパッド「SteelSeries QcK mini 63005」を洗ってみた

スポンサーリンク



僕が現在も愛用しているマウスパッド「SteelSeries QcK mini 63005」。

つい先ほどAmazonで注文履歴を遡ってみたのですが、ほぼ2年前に購入しておりました。
相変わらず物持ちが良くて自分でも驚いています。

今回は、この汚れきってしまった「SteelSeries QcK mini 63005」を洗っていきたいと思いますよ。

※この記事には大変汚いマウスパッドの画像が含まれています。これからご飯を美味しく食べたい方はブラウザバック推奨。

「SteelSeries QcK mini 63005」と「ロジクール Wireless Mouse M505」

f:id:afrokanchan:20160308220705p:plain

使用マウスはロジクールの「Wireless Mouse M505」です。
QcK miniは、このレーザーマウスとも相性が良く持ち運びもくるくるっと丸めるだけなので非常に楽。
そして、裏がゴム素材なので、マウスを激しく操作してもズレません

ちなみに、このM505というマウスですが、マウスパッドよりも長生きで約4年ほど使っております。
故障もなければ電池の持ちも半端なく長いです。そして、Amazonでの価格設定が尋常じゃなく高いです。僕が購入したときの3倍ほど……。なぜでしょう。

溜まりに溜まった汚れとか

f:id:afrokanchan:20160308213924j:plain

このマウスパッドは布製です。
毎日のように手で布を擦っているわけですから、半年ほど使えば汚れがかなり溜まります。部屋の埃や、汗、手垢などで、もう驚くほど汚れます。

見た目的にも、衛生的にも勘弁して欲しいので、今回は念入りに洗っていきます。

早速洗ってみた

いざ、ぬるま湯へ

f:id:afrokanchan:20160308213622j:plain

さて、まずはぬるま湯(40℃ほど)へマウスパッドを投入。人肌より少し高いお湯は皮脂を溶かしやすくするそうです。

見ていただければお分かり頂けると思うのですが、この時点で相当汚いです。
細かい皮脂のような、垢のようなものが無数にプカプカと浮かんでおります。

モザイクをかけようか迷ったのですが、「マウスパッドヒストリー」を皆様にも見ていただきたかったので加工はなしです。

石鹸で洗っていく

f:id:afrokanchan:20160308214514j:plain

あまり激しく洗いすぎて「マウスの動き悪っ……」なんてことになったら嫌だったので、体を洗う時と同様、石鹸で優しく洗うことにしました。

優しく、円を描くように……。

で、洗いたてのお姿がコチラ。

f:id:afrokanchan:20160308214608j:plain

新品みたいに綺麗になりました。あとは乾いてどうなるか、ですね。

タオルで水気を切って陰干し

f:id:afrokanchan:20160308214842j:plain

タオルで包んで、軽く叩きながら水気を切っていきます。布部分が薄いので、タオルだけでも水気は取れます。
絞って水を切るのも大丈夫なようですが、痛む原因ともなるようです。なるべくやらない方向で行くのが良いでしょう。

その後、室内の風通しの良いところで1日陰干しすればOK。

f:id:afrokanchan:20160308215237j:plain

外でも問題はないのですが、洗濯バサミを使うと跡がついてしまったり、どこかに引っ掛けておくと風で飛ばされてしまったりするので室内の方が安全かと思います。

その場合はマウスパッドの下にバケツ、もしくは洗面器を置いておきましょう。床がびしょびしょになります。

まとめ

f:id:afrokanchan:20160308215439j:plain

洗濯後の「SteelSeries QcK mini 63005」の姿がこちらです。
何度か洗い直してみたのですが、完全に汚れを落とすことはできませんでした。これが限界というところでしょう。

しかし、洗う前と比べてみるとその差は歴然。だいぶ綺麗になりました。マウスの動きも問題ありません。むしろ、少し良くなった気さえしますね。

最近はトラックボールの導入も考えているので、近々手番が少なくなってしまうかもしれませんが……。

追記:2016/3/13

トラックボールM570tを導入いたしました。
しかし、M505並びに、「SteelSeries QcK mini 63005」は今後も使っていくことにしました。理由は以下の記事内にて。

【レビュー記事】ロジクールのワイヤレスマウスM505からトラックボールM570tに変えた3つの理由

2016.03.13

参考にさせていただいたサイト様

関連記事

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。