4ステップでピッカピカ!掃除メインでベースメンテナンスをしてみた

スポンサーリンク



楽器にとって、日々のメンテナンスは命

僕も普段ベースを弾いておりますが、メンテナンスをした後にはかなり調子が良いです。弾きやすくもなりますし、音も当然よくなります。「楽器は生き物だ」と言われている所以が少しわかる気がしますね。

最近あまり世話をしてあげていなかったので、掃除をメインにベースのメンテナンスを行っていきますよ。

ちなみにネットや本などから”いいとこドリップ”で得た知識なので、間違っている点や自己流等を織り交ぜている部分があるかもしれません。可能な限り正しい情報をまとめるようにしておりますが、参考程度にどうぞ。

何はともあれ弦を外す

まず弦を外しましょう。以前までは「外した弦を鍋で茹でて、また張る」というパワープレイを取っておりましたが、新しい弦の良さを知ってしまったのでやりません。金属製の蕎麦を茹でているみたいで楽しいことは楽しいんですが。

はい、外しました。ちなみに、隣にキーボードがちらっと見えていますが僕は弾けません。

f:id:afrokanchan:20160203225548j:plain

指板の掃除をしよう!

指板は使用されている木材やフィニッシュによってケア方法が違うので注意が必要です。

ローズウッド指板、エボニー指板の場合

ローズウッド指板やエボニー指板は乾燥すると割れてしまう可能性がありますので、レモンオイルオレンジオイルを使って磨いていきます。

メイプル指板(塗装有り)の場合

メイプル指板はオイル等でのケアは必要ありません。ギターポリッシュなどで汚れを落とすだけで十分です。

参考:ベースのクリーニング方法|サウンドハウス

僕のベースはローズウッド指板なので、今回はレモンオイルを使って磨いていきます

f:id:afrokanchan:20160203230509j:plain

柔らかい布などにオイルをつけ、指板を磨いていくだけです。

f:id:afrokanchan:20160203230728j:plain

フレットの溝などの布が届きにくい部分は歯ブラシ等で。

f:id:afrokanchan:20160203230837j:plain

フレットを磨こう!

指板の後はフレットを磨いていきます。と、その前に指板をマスキングテープで保護しておきましょう。こうしておくと指板を汚すことも傷つけることもありません。

f:id:afrokanchan:20160203231118j:plain

なんということでしょう。途中でマスキングテープが切れてしまいました。こういったことがないようにきちんとストックは用意しておきましょうねー。

f:id:afrokanchan:20160203231232j:plain

マスキングテープで保護したら、金属磨きで磨いていきます。今回は有名すぎる「ピカール」くんを使用。容器がベッコベコですが、車に轢かれたわけではありません。

f:id:afrokanchan:20160203231410j:plain

左が磨いた方で、右がまだ磨いていない方です。違いがわかりますでしょうか。だいぶフレットが磨り減っているので分かりづらいかもしれません……。ほら、輝きが違うでしょう?

f:id:afrokanchan:20160203231523j:plain

足りなかった部分のマスキングテープは、前半部分で使用したものを使いまわしました。

f:id:afrokanchan:20160203231620j:plain

この時、ついでにペグも磨いておくとスマートかもしれません。

f:id:afrokanchan:20160203231710j:plain

ボディを磨いていくよ!

さて、次はボディを磨いていきます。ベースの美しいフォルムを撫でるように布を滑らしていきます。この時がまた、何とも心地よいのです。

f:id:afrokanchan:20160203232030j:plain

弦を張り替えよう!

今回張り替える弦は「ROTOSOUND ROT-RS66LD」、ステンレス弦ですね。ビリーシーンモデルの「ROTOSOUND ROT-BS66」と、気分で切り替えたりしています。

f:id:afrokanchan:20160203232511j:plain f:id:afrokanchan:20160203232737j:plain

弦を張る際、僕のモデルですと裏通しが可能になっております。

よく見かけるやつ

f:id:afrokanchan:20160203233039j:plain

裏通しの場合

f:id:afrokanchan:20160203233105j:plain

裏通しにするとテンション感(弦を弾いた時の硬さみたいなもの)が上がるということらしいです。購入時には4、3弦が表、2、1弦が裏通しでした。いつもはその通りでしたが、今回はすべての弦を表で張りました。

まとめ

というわけで、ベースのメンテナンス掃除部門をまとめてきました。

まだこれからネックの調整や、ピックアップ調整、弦高調整、さらにはオクターブ調整などと続いていくのですが、今回はここまでとしておきましょう。調整編については後日改めて更新させていただきます。

更新しましたよー。

関連記事

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。