8種類のうまい棒を使ってチャーハンを作ってみたら大変なことになった

スポンサーリンク

今回は、特殊なルートから仕入れた「8種類のうまい棒たち」を使ってチャーハンを作ってみました。

ラインナップは左から、「やさいサラダ」「めんたい」「コーンポタージュ」「エビマヨネーズ」「とんかつソース」「チーズ」「テリヤキバーガー」「サラミ」の計8種類。

チャーハンを作ることになるまでの経緯

「せっかく手に入れたこの8種類のうまい棒を、どうにかして有効活用できないだろうか?」と必死に考えましたが、食べ比べをしてそれぞれの感想を書き綴る、なんて器用な真似もできそうにありません。

せいぜい、『この中での”当たり”といえば「やさいサラダ」「めんたい」「サラミ」あたりでしょうか。「やさいサラダ」はとにかく当たり障りのない味が特徴で……』みたいな文章が限界です。

頭を悩ませること10数分。ついに神が舞りてきました。

そうだ、チャーハンを作ろう。(京都的な意味で)

実は、僕の一番好きな食べ物でもあり、一番の得意料理でもあるチャーハン。
それに、うまい棒を混ぜれば、たとえ失敗したとしてもそんなに不味くなることはないはず。

よし、作ろう。今すぐ作ろう。

チャーハンを作るためにうまい棒を加工していく

輪切りにするか、それとも粉々にするか悩みましたが、どうせなら米をうまい棒でコーティングしたいと考えました。

というわけでうまい棒をひたすら粉々に砕いていきます。(※グロ注意)

f:id:afrokanchan:20160126020528j:plain

半分終わりました。

f:id:afrokanchan:20160126020541j:plain

このへんで少し違和感を覚える

半分を粉々に砕いた時点で少し違和感を覚えました。

意外と量が多いんじゃないか、これ。

チャーハンというより、うまい棒をただ炒めるだけの謎の料理になってしまうのではないか、という思考が頭を一瞬駆け巡ります。

しかし、ここまできたらもう後には引けないため、続行。

やっぱり多かった

f:id:afrokanchan:20160126020840j:plain

はい。どう考えても量が多すぎます。8本分をナメてました。
写真では伝わりにくいとは思いますが、だいぶボリューミーです。

まだ完全に粉状になっていないので、ここからさらにすりつぶしていきます。

f:id:afrokanchan:20160126020953j:plain

またもや異変が起きる

なぜか、かき混ぜていくうちにカレーのルーの匂いが部屋中に蔓延してきました。固形のルーの匂いそのままです。おかしいですね、今回カレー味のうまい棒はないというのに。

どう考えてもカレー。部屋を一度出て、再びドアを開け放って匂いを嗅ぐ動作を何度か繰り返しましたが、どう考えてもカレー

いよいよ調理に入ります

f:id:afrokanchan:20160126021610j:plain

さて、準備が整ったところで調理段階に入っていきます。陳建一さんモデルのフライパンを使います。この写真でもお分かり頂けるでしょうが、うまい棒の量が尋常じゃなく多いです。

料理の主役が完全にうまい棒にシフトしております。

チャーハンの主役の座をこうもたやすく奪われてしまうとは、白米も思っていなかったことでしょう。

【材料】

  • サラダ油 大さじ1
  • ご飯 茶碗1杯
  • 卵 1個
  • 醤油 大さじ1
  • うまい棒 8本

投入してみた

f:id:afrokanchan:20160126021646j:plain

どう考えてもダークサイドに飲み込まれています。

白米とうまい棒の割合が1:1、いや、4:6ほどになっております。どうにも嫌な予感がしてきました。

さっきまで勢いよく「ジューッ!」と音を立てていたフライパンが、うまい棒を投入後、めっきり静かになってきてしまいました。なぜでしょうか。

何はともあれ完成したので食べてみる

f:id:afrokanchan:20160126021857j:plain

数々の苦難を乗り越え、ついに完成いたしました。
これが噂の「8種類のうまい棒と楽しむ、ブレンドチャーハン」です 。

試しに一口だけ食べてみる

すでに匂いがおかしいですが、試しに一口だけ食べてみました。その結果いろいろ思うところはあり、この感情をどう表現していいものか頭を抱える問題ではありますが……。

一言で表すと、クソ不味い

食感は「おはぎ」

食感は「おはぎ」です。うまい棒の量が多すぎたためか、白米が小さい塊ごと固められてコーティングされてしまっています。小さいおはぎが何個も何個も入っているような食感です。

味はうまい棒でもなければチャーハンでもない

味はですね、「うまい棒であって米ではない、しかし、米ではあるがうまい棒ではない」という、なんとも絶望的絶妙なバランスの悪さ

なぜかはわかりませんが、ほとんど無味に近いです。あまりにも不味いせいか脳が麻痺しているのかもしれません。

強いて言葉で表現するとすれば、ズバリ「甘くないおはぎ」です。カレーの匂いはどこかへ行ってしまったようです。

まとめ

はい。以上、「8種類のうまい棒を使ってチャーハンを作ってみたらカオスな味になった」でした。最終的には牛乳で流し込む形になってしまいましたが、無事に完食。

「うまい棒にだってできないことはあるんだ」と認識できたところで今日の試みはこれにて終了です。

それでは本日のまとめ。

別々に食べたほうが確実に美味しい。

スポンサーリンク



この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。