Appleから作曲アイデアを音でメモできるアプリ「Music Memos」がリリースされたようです。

スポンサーリンク

「Music Memos」は、メロディやコードなどの曲のアイデアをタイトルとタグ付きで録音・管理できる「iOSアプリ」です。米国時間1月20日、App Storeに無料で公開されたようです。

iPhoneなどのiOS端末には音声を録音できる「ボイスメモ」も標準で搭載されておりますが、それをさらに音楽に特化させたものが「Music Memos」なんですね。
多くのアーティストやミュージシャンがこの「ボイスメモ」で曲のアイデアを録音していることにインスパイアされ、Appleはこの「Music Memos」を開発しました。

というわけで早速「Music Memos」を試してみたのでここに簡単にまとめていこうと思います。

Music Memos
無料
(2016.01.21時点)
posted with ポチレバ

iCloudに自動保存

f:id:afrokanchan:20160121132417p:plain

アプリを起動させると「iCloud for Music Memos」と表示されるかと思います。ここで「iCloudを使用」を選択すると録音したものがiCloudに自動で保存されるという仕組みです。

ワンタップで録音開始

f:id:afrokanchan:20160121134153p:plain f:id:afrokanchan:20160121132434p:plain

中央に配置されているボタンをタップしてメロディを吹き込むだけでOK。もちろんメロディ以外にもギターやピアノの和音を録音することも可能です。画像は録音中の様子。

自動解析機能と編集機能

f:id:afrokanchan:20160121132609p:plain

録音を終えると自動で音楽を解析してくれます。小節ごとに区切り、適切な拍子記号に変換、さらにコード記号もつけてくれるというものすごい親切っぷり。

拍子やコードを自分の好きなように書き換えることができたり、さらには「トリム」機能を使って要らない部分をカットすることも可能です。

f:id:afrokanchan:20160121133030p:plain f:id:afrokanchan:20160121133109p:plain

自動伴奏ツール

f:id:afrokanchan:20160121134538p:plain f:id:afrokanchan:20160121134633p:plain

表示されているベースアイコン、ドラムアイコンをタッチすることでリズム、コードに合わせてベースライン、ドラムトラックの自動伴奏を加えることもできます。

タグ

f:id:afrokanchan:20160121133227p:plain

左下にあるタグアイコンをタップすると「リフ」や「ボーカルメロディ」などのタグもつけられます。もちろんこのタグは自分で編集が可能です。

メモ

f:id:afrokanchan:20160121133237p:plain

録音のメモセクションには、歌詞などをメモすることもできます。

チューナー

f:id:afrokanchan:20160121133500p:plain

音叉アイコンをタップすることでチューナー代わりにもなるようです。以外と便利かも。

共有機能

f:id:afrokanchan:20160121133253p:plain

こちらで作成したファイルを「Garageband」や「Logic Pro」などに送ることもできます。「Music Memos」でメモしたアイデアをさらに作り込みたい場合などには便利な機能ですね。また仲間との共有にも役に立ちます。

まとめ

まだ使い始めて数時間ですが、これはかなり使い勝手が良さそうです。「バンドマン」はもちろん、「ボカロP」や「ミュージシャン」、「アーティスト」といった人たちにも便利なアプリになっていると思います。

伴奏が優秀なので、暇なときに鼻歌でも歌ってバンド風にアレンジして楽しむのもアリかもしれませんね。

Music Memos
無料
(2016.01.21時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク



この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。