ついにSBIネット銀行からVisaデビット付キャッシュカードの取り扱いが開始されるようです

スポンサーリンク

待ってました。2016年1月27日(水)より、SBIネット銀行からVisaデビット付キャッシュカードの取り扱いが開始されるようですね。Visaデビットとしては日本初となるVisa payWave(Visaペイウェーブ)および、「円」・「米ドル」の2種類の通貨による決済にも対応しています。

今回はSBIネット銀行から、Visaデビット付キャッシュカードのことまでを簡単にまとめていきたいと思います。

デビットカードとは?

クレジットカード、電子マネーとの違い

後日、口座から引き落とされる「後払い」のものがクレジットカード。先にチャージしてレジで決済をする「先払い」のものが電子マネー。そして、決済と同時に口座から引き落とされる「即時払い」のものがデビットカードです。

デビットカードのメリット

「Visaデビット」の場合、「Visa」が使える場所なら世界中どこでも利用が可能です。また、「Visa」または「PLUS」の表記があるATMでは「口座に預けているお金現地通貨預金引出し」ができるんですね。海外に行っても安心です。

メリットとしては、小銭を出す手間が省け、銀行口座残高までしか利用できないので借金を作る可能性が0という点が挙げられます。原則として審査が必要ないのもデビットカードの魅力といえるでしょう。

Visa payWaveとは?

Visa payWaveとは、Visaが提供している非接触IC型決済ソリューションです。専用リーダーにかざすだけで決済が完了できるため、現金も、暗証番号も、サインすら不要です。

つまり、ICタイプの電子マネーみたいなものですね。デビットカードではSBI住信銀行が初めてということのようです。ただ、あまり日本では見かけたことがありませんが……。

Visaデビットカード付キャッシュカードについて

f:id:afrokanchan:20160115234424p:plain

発行、切り替えは無料

新規に口座開設されるお客さま

・ 2016年1月27日以降、新規に口座開設の申込みを行い、ご希望されるすべてのお客さまに、ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったVisaデビット付キャッシュカードを発行します。

既に当社口座をお持ちのお客さま

・ ICキャッシュカードからVisaデビット付キャッシュカードへの切替えは、2017年3月までにお申し込みいただければ、無料です。

・ 認証番号カードからVisaデビット付キャッシュカードへの切替えは無料です。

※当社WEBサイトで1月27日より申込可能となります。

Visaデビット付キャッシュカードの取扱い開始について|住信SBIネット銀行

概要

  1. 審査が不要で、年会費は無料
  2. キャッシュカード機能が付いており、全国の提携ATMで利用可能
  3. 支払いは1回払いのみ

特徴

デビット利用に応じてポイント付与

2016年1月から開始される予定の「スマートプログラム」ポイントサービスの対象商品となっており、月間のデビットご利用金額合計×0.3%分がポイントとして貯まっていくようです。1,000ポイント以上100ポイント単位で1ポイント=1円に交換が可能。

カードの紛失・盗難による不正利用時の補償

紛失や盗難に遭い、カードの不正利用をされてしまった場合でも安心。届け出た日から30日前まで遡って被害を補償してくれます。もちろん、こちら側の過失が原因となる被害については補償できない場合もあるようですが。

口座開設方法は簡単

「オンライン口座開設」ならページ上で必要事項を入力するだけでOKです。約1週間程度でキャッシュカードが発送されてきます。本人限定受取郵便のため、受取の際には顔写真付きの本人確認書類の提示が必要です。

本人限定受取郵便の受取方法について|住信SBIネット銀行

www.netbk.co.jp

まとめ

発行されたらすぐに切り替えようと思います。そのときはまた記事にまとめてみるつもりです。というわけで、「ついにSBIネット銀行からVisaデビット付キャッシュカードの取り扱いが開始されるようです」でした。いやー、楽しみです。

関連記事

住信SBIネット銀行から「Visaデビット付キャッシュカード」が届いたので1時間かけてサインを考えてみた

2016.02.04

【住信SBIネット銀行】本日1月27日からVisaデビット付キャッシュカードが開始されたので早速申し込んでみた

2016.01.28
スポンサーリンク