オカルト

総期間1年、夢を自由自在に操れるようになってからアク禁になるまで

投稿日:2015年12月17日 更新日:

以前、夢のコントロールに興味を持ち、自分なりに調べて訓練をしていった結果、自由自在に夢を操れることができるようになった時期が半年ほどありました。

今はあちらの世界からアク禁を受けて一切夢にログインすることができません。もちろん、精神的にもデメリットが多いのでやめました。

今回は、「夢を自由自在に操れるようになったものの、やりたい放題やってたらアク禁にされた」という話をしていきましょう。訓練を含めた総期間は1年ぐらいです。

歴史

ひとりかくれんぼ」に「心霊スポット巡り」、「あらゆる降霊術をやってみた企画」等、僕の中での第二次オカルトブーム到来とほぼ同時期、あろうことか「夢のコントロール」にまで興味を持ってしまったのです。

インターネットで情報収集をし、ひたすら実践。そして、結果をメモし、考察、研究……。

この流れを繰り返し行っていった結果、半年ほど経ったときには夢をかなりコントロールできるようになっていたのです。

自分の意思で「幽体離脱」と「明晰夢」のチェンジもなんのその。

参考になるかもしれないもの

そのとき大変お世話になったのが「最近幽体離脱にはまった まとめ」です。

方法や体験談、夢をコントロールするという点では共通するものがあるかと思います。

そして、別記事にもまとめている「自律訓練法」

詳しくは心身のリラックスに効く「自律訓練法」の練習を始めてみるからどうぞ。

一番効果的だったものは「夢日記」でしょうか。

幽体離脱と明晰夢を体験したい人のための「夢日記を効率的に書く方法」

しばしば話題になる「幽体離脱」と「明晰夢」。 あなたも一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? 実は、この2つ、訓練次第でどうとでもなるんです。コツさえ掴めば、自由に夢をコントロールする ...

本当に気が狂う?夢日記を実際につけてみたら「もろはのつるぎ」だった

夢日記。それは自分の見た夢を記録するだけの簡単なオシゴト。 危険性の種類に若干の違いはあるものの、ある意味ひとりかくれんぼよりも危険だと僕は思ってます。 ただ長期間にわたって夢日記を書き続けなければ、 ...

夢をコントロールでき始めた頃は楽しかった

回数を重ねていくうちに夢をコントロールすることができるようになり、夢の中でいろいろなことに挑戦をしていきました。

夢のコントロール初期では"幽体離脱"が多かった

たしか、夢コン駆け出しの頃は幽体離脱の割合が多かったですね。あ、夢コンはたった今作った造語です。夢コントロールの略です。

自分の部屋でそのまま目が覚め、金縛り状態から体外へ離脱。しばらくの間はドアノブも開けられないため、部屋を出ることができませんでした。

何度もそのシチュエーションを繰り返すことで、壁抜け、飛行まで経験することができました。

その他、知らない人の家に入ってみたり、自分の体からどれほど離れられるかを試してみたり、はたまた火星に行ってみたり。

もちろん、慣れた頃にはこの幽体離脱状態から明晰夢へ移行することも可能でした。

最も得意だった"明晰夢"

そして、最も得意としていたものがこの明晰夢

壁抜け、飛行はもちろんのこと、手からビーム、サイコキネシス、召喚魔法、瞬間移動、ハッキング、物の生成などなど、本当になんでもできました。

しかし、どうしてもできなかったことが未来へ行くことと、二次元キャラクターの生成でした。理由はわかりません。

幽体離脱と明晰夢の違いについては、幽体離脱は訓練次第で誰にでもできるらしいのでやってみたで少し触れていますが、ここではどちらとも「夢」であると結論付けています。

夢に変化が訪れる

最初のうちはそうして楽しんでいたのですが、あるときから夢に変化が訪れました。

それは、今まで一貫性のなかった夢に、つながりが見えてきたことだったのです。

現実世界では一度も話したことがない同級生と夢の中では親友であったり、最寄りの駅が大きくなっていたり、まるでそこにはもう一つの世界が広がっているように感じたのです。

「あっちの世界」との出会い

決まってその世界の夢を見る時は、夢に入った瞬間にわかるんです。「あ、またこの世界だ」っていう具合に。

夢の中ではその世界にいることが多くなっていたんですよね。買い物をしたり、遊んだり、出かけたり、探検したり、学校に行ったり、本当にいろいろなことをしました。

ニュースなどもリアルで、天気予報もやるんですよ。夢の中ということが信じられないぐらいほどリアルな世界がそこには広がっていたんです。

僕はその世界を「あっちの世界」と勝手に名付け、その日からマップ作りを始めました。

ちなみに、その世界にいる間は超能力などは極力使いませんでした。どうしても、ただの夢の世界だと思えなかったからです。

マップ作りをしていくことでわかったこと

おそらく、「あっちの世界」はとてつもない広さを持っていました。神社、山、学校、駅、電車、スーパー、ガソリンスタンド、民家、道路……etetc。

しかし、電車で移動するときは止まる駅がだいたい決まっていたり、移動範囲もある程度制限があったように感じます。

その世界に行くたびにあちこちを歩き回るのですが、やはりどう考えても同じ世界の夢のようでした。人も、地理関係もそのままでしたから。

駅の作りに驚いた

駅の作りも現実世界とは異なっていましたね。

駅の中のトイレがすごく広かったり、本来ホームの1mほど下にあるはずの線路が地面に剥き出しになっていたりました。

電車が来るときは線路の両側に鉄製の壁のようなものが現れて人の安全を守っていました。

改札を通るときも切符は必要なく、手をかざすと自動でお金が口座から引き落とされる仕組みになっていて感心しました。

きさらぎ駅

あと、少し怖かったのが「きさらぎ駅」があったことですね。

都市伝説好きの方ならご存知でしょう。実在しないはずの駅の名前で、ここに迷い込んだ人は二度と帰ってこれない1というお話です。

僕が夢の中で見た「きさらぎ駅」は1mぐらい幅のしかないホームで、駅の名前はそのままの「きさらぎ駅」。

前後の駅名は……、忘れました。たしかどちらも平仮名だったと思います。猫が民家から顔を覗かせていたり、人も電車から何人か降りて行ったので普通の駅かな、と。

ただ、怖かったので降りませんでしたが。

ある女の子との出会い

たぶんこの子が幽体離脱スレで言うところのパートナーかと思います。

あるとき変な空間に急に飛ばされて、その子に出会いました。20mほどある金の塔のようなオブジェが二つあるだけの真っ白な場所で、初めて出会っての彼女の第一声は「なんでここにいるの?」でした。

その子曰く、『「あっちの世界」は仮の姿であって、本当の世界(夢の中での)はまた別にある。それに、あなたがこっちの世界にいるのはありえない』とのこと。

なんだかラノベとかにありそうな設定で、いかにも思考が夢に反映されている感じですね。

現実世界と夢世界の区別がつかなくなってくる

この夢を見始めた頃から、だんだんとどちらが本当の現実世界なのかわからなくなってきました。

「現実世界だと思っている世界が実は偽物で、夢の世界が本当の世界なのでは」と思ってしまうようになり、現実世界にいるときも夢を見ているような感覚が抜けきらなかったですね。

頭に膜が一枚張られているような、ガラス越しに自分が演じているドラマを自分自身で眺めているような、そんな感覚が瞬間的に訪れるんです。超怖かった。

「あっちの世界」まとめ

  • 「あっちの世界」は夢世界として存在していて、現実世界とは真反対の世界
  • 「あっちの世界」に人を迷い込ませ(夢)て、エネルギーを抽出。そして、そのパワーで本当の夢世界は成り立っている
  • そのパワーを過剰に取り出し、兵器や超能力を持った人を生み出している奴らがいる
  • パートナーの女の子はそいつらの目的を阻止したい

"そいつら"の目的というのが、こっち、つまり現実世界に来ること

ただ、そのためには莫大なパワーが必要であり、たくさんの人を「あっちの世界」に呼び込む必要があるらしいんですね。

そいつらは大きな工場を作り、そこから人の夢のパワーを吸い取って一箇所に集めている最中、なんだとか。

その女の子に超能力をレクチャーする

協力を申し出たのですが、猛烈に拒否されてしまいました。

しかし、超能力を見せると表情が一変。「え?なにそれ?」みたいな反応。まぁ、夢の中とは言え、超能力を練習しておいてよかったですね。

てっきりその女の子は超能力を使えると思っていたのでこれには驚きました。

それから、超能力や瞬間移動、サイコキネシスといった技を女の子に教えていきました。夢の世界の住人だからか、覚えが早かったです。という仮説。

そして、その悪役的な方々が作ったとされる兵器やチート戦闘員と戦ったり、巨人と戦ったりもしましたね。もうひっちゃかめっちゃかです。だいぶ端折りましたが。

その後、透視能力で敵のアジトを突き止め、二人で壊滅させに行くわけですよ。

空を飛び、砲弾をかわしながら、*1指ぱっちんで手から炎を出し、砲台を破壊。そのようにしてぐんぐんと進行。

到着したアジトは駅にあるようなデパートみたいなところ。

中には「笑ゥせぇるすまん」の「喪黒福造みたいな人」がたくさんいて、「夢のパワー」と思しき無数の「ヒョウタンツギのような塊」をレールに乗せて運んでいました。

それらは「どこでもドア」みたいな形をした、50cmほどの正方形の出口からどこかへ移動させられているようで、その先にパワーを溜めておくところがあるのかな、と。

アク禁までの流れ

超能力が使えない

デパートのような敵のアジトにその女の子と二人で突入成功。

「さぁ、破壊の限りを尽くしましょうか」と、手をかざしてみるもなぜか超能力が発動しない。女の子は使えているのに。僕だけ使えない。なんで?

現実世界へ強制送還

あたふたしていると、もしゃもしゃと喪黒福造が周りに集まってきて、そのまま担がれました。

「なんで人間がいるんだ」「出てけ」「アク禁だ」とぶつぶつ呟かれながら、ピンクのドアに放り込まれてしまいました。

放り込まれる直前、「大丈夫!あとは任せて!」と女の子が叫んでいたのを覚えています。穴に落ちながらバタンとそのドアが閉まり、次に目が醒めると、そこは自分の部屋でした。

まさかの夢へのアクセス禁止令

それからというもの、その世界に行くことが不可能になりました。

たまに「あっちの世界かな?」と思う夢はありますが、よく内容を覚えていられません。

異変、そして夢コン剥奪

それだけならまだしも、明晰夢、幽体離脱が困難になりました。

いつも金縛りの状態から明晰夢、もしくは幽体離脱を実行するのですが、そのときに異変を感じるようになってしまったんです。

それは、「金縛り状態になると尻が猛烈にくすぐったい」というものです。間違いなくウォシュレットの感覚です。

ほぼ百発百中、100%に近い確率でそれは起きます。そのため集中することができず、夢をコントロールすることができなくなってしまったのです。

時折、幽体離脱はできるものの、コントロール不可能でものすごい速さでぶっ飛び、宇宙空間と思われる暗闇に放り込まれるだけです。

その後、なすがままに落下していきます。何も楽しくないですし、非常に困ります。

まとめ

このようなことがあり、夢コンの力を失ってしまったわけですね。いわば夢へのアクセス禁止令。アク禁です。喪黒福造が原因なのかはわかりませんが。

おそらくまた夢日記を書き始めれば、夢を操ることが可能になるとは思います。

しかし、精神的にも身体的にもデメリットが多いのでやりません。あの女の子にももう一度会いたいですが、あくまで夢の世界の話。うーむ。

その女の子とは一緒に自転車で出かけたり、一緒に授業を受けたり、買い物にも行ったりしていたので、なんだか現実の世界のようだったなぁ、と。

こうして、現実世界では訓練期間を含め1年が経ち、「あっちの世界」並びに、夢コンに終止符が打たれたわけでございます。

いくら夢とはいえ、ここまで広い世界を作り出すことができる人間の脳は本当にすごい。

もし仮に、万が一、夢世界なるものが本当に実在しているんだとしたら、あの女の子が世界を救ってくれたのだと信じたいものですね。

訓練次第で誰でもできる!?金縛りから幽体離脱する実験・方法まとめ

「明晰夢」にもいくつか似た点が存在する「幽体離脱」。 明晰夢・幽体離脱が「訓練次第で誰でも可能になる」との噂をネットで目にし、さっそく自身を使って検証を試みました。 そして約半年間のトレーニングの末、 ...

自由に夢を操れる?明晰夢を効率よく見る方法と危険性まとめ

人が眠りについている間に時折見る夢。 たまに、一度も夢を見たことがないという方もいますが、ほとんどの方は見たことがあるのではないでしょうか。 夢は誰しもがいつも見ているものです。ただ、起きたときにその ...

幽体離脱と明晰夢を体験したい人のための「夢日記を効率的に書く方法」

しばしば話題になる「幽体離脱」と「明晰夢」。 あなたも一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? 実は、この2つ、訓練次第でどうとでもなるんです。コツさえ掴めば、自由に夢をコントロールする ...

本当に気が狂う?夢日記を実際につけてみたら「もろはのつるぎ」だった

夢日記。それは自分の見た夢を記録するだけの簡単なオシゴト。 危険性の種類に若干の違いはあるものの、ある意味ひとりかくれんぼよりも危険だと僕は思ってます。 ただ長期間にわたって夢日記を書き続けなければ、 ...

これまでにやってきた降霊術を実体験とともに紹介してみる

「降霊術」と聞くと、あなたはどんなイメージを持ちますか? オカルト? 気のせい? 怖い? 危険? はたまた呪文とか? 実際には亡者や死霊・生き霊・悪魔・天使・神仏などを呼び寄せる or 自分の身体に憑 ...

ひとりかくれんぼを実際にやってみたので体験談まとめ

降霊術の一種とされている「ひとりかくれんぼ」。 この方法を実行することによって、様々な怪奇現象に遭遇すると言われています。 その噂が本当かどうかを検証するため、実際にひとりかくれんぼをやってみました。 ...

夢の続きが見たい?とっておきの「夢の続きを見る方法」を伝授する

目が覚めたときに「なんだよ、夢かよ!」って思ったことはありませんか? その夢が幸せなものだったり、楽しいものだったりしたら、なおさらのこと。「その夢の続きが見たい!」って思うことも珍しくはないのではな ...

*1:鋼の錬金術師コミックス-ロイ・マスタング大佐

今後の励みになりますので、気に入ったらシェアお願いします!

-オカルト
-

Copyright© 略してとりてみ , 2019 All Rights Reserved.