iOS9でiPhone6のゲームプレイ動画を録画してYouTubeに載せるまで

スポンサーリンク

先日、初の試みでiPhoneのアプリゲームのプレイの様子を録画してみました。

パソコンも使わず、脱獄も無しで、iPhoneのみを使って動画を録画する方法を探しておりましたが、iOS9の場合、現時点ではパソコンを使って録画する他ないようですね。
すでにこの方法を知っている方には必要のない情報だとは思いますが、今回はiOS9でiPhone6のゲームアプリのプレイ動画を録画し、さらにYouTubeにUPするまでの流れをまとめてみたいと思います。
画像がかなり多め、さらに記事自体も長いので、目次などを活用していただければと思います。

ちなみに今回、録画を試してみるゲームアプリはCMでも話題の「白猫プロジェクト」です。

白猫プロジェクト
無料
(2016.03.11時点)
posted with ポチレバ

Macで録画をする

まず、何はともあれパソコンです。パソコンがないと何もできません。

今、自由に使えるものは数年前のオンボロMacBookしかないので、仕方なくそちらを使って録画してみます。
スペックはこちらの通り。どこを隠せばいいかわからなかったので、とりあえずシリアルナンバーにはモザイクをかけてみました。
f:id:afrokanchan:20151205172748j:plain
録画ソフトは、Macに標準で搭載されている「QuickTime Player」を使います。
実は「OS X Yosemite」からは「QuickTime Player」を使ってiPhone/iPadの画面操作を録画できるようになったみたいなんですよね。いやー、知らなかった。
iPhone6Sでも問題なくこの方法は使えるようです。

録画開始までの手順

1.iPhoneとMacを接続する

まず、iPhoneまたはiPadをUSBケーブルでMacに接続します。

2.「QuickTime Player」を起動する

次に、「Finder」→「アプリケーション」フォルダと移動し、「QuickTime Player」を起動します。
f:id:afrokanchan:20151205172749j:plain

3.「新規ムービー収録」

「QuickTime Player」の上部メニュー→「ファイル」→「新規ムービー収録」と選択します。

f:id:afrokanchan:20151205172750j:plain

4.カメラとマイクをiPhoneに設定

f:id:afrokanchan:20151205172751j:plain

どうでしょう。あなたの顔面が映し出されたはずです。画像ではティッシュでカメラを隠していますが。

デフォルトの状態ではカメラ設定が内蔵iSightになっているため、これを「V」のようなところからiPhoneに切り替えをしていきます。

ついでにマイクもiPhoneにしておきましょう。このとき、QuickTime Player側のボリュームが0になっているので上げておきます。どうやら新規ムービーを開くたびに0に設定される仕様のようです。

あ、iPhone側のマナーモードを解除するのを忘れずに。

品質はスペックなどにもよると思いますが、今回は「高」に設定しています。

5.映った

やりました。無事にiPhoneの画面がMac上に映し出されましたね。

それでは赤ポチボタンを押して、実際に録画を始めてみましょう。

f:id:afrokanchan:20151205172752j:plain

映像が飛ぶ問題について

Macのスペックが低いのか、それともiPhone側の問題なのかはわかりませんが、録画している最中に動画が飛んだり、音が飛んだりすることがありました。というより常時その状態でした。

録画し終えた動画を確認すると問題がない場合が多いのですが、それでも2〜3秒映像が飛んでいたりしていることがありましたね。

対策として、「白猫プロジェクト」の設定を少しだけ変更しました。

白猫プロジェクトアプリ内→「オプション」→「消費電力」を省エネ側に移動。

これで映像飛びがかなり軽減されました。

f:id:afrokanchan:20151205172753j:plain

動画完成までの手順

1.録画した動画を確認

録画が完了するとこのようにプレビューを見ることができ、撮った動画を確認できます。

f:id:afrokanchan:20151205172754j:plain

2.録画した動画を書き出す

満足のいくものが撮れたら、その動画を書き出していきます。

書き出す際の解像度を指定し、「書き出し名」を任意のものに設定。

そして、書き出したい場所を選んで、「保存」ボタンを押せばOKです。

f:id:afrokanchan:20151205172755j:plain

無事に書き出すことに成功しました。

f:id:afrokanchan:20151205172756j:plain

3.動画を編集してみる

次に録画した動画にちょっと手直しをしていきます。

ロード画面などの余分な箇所を切り取ったり、コメントを入れたり、画像を入れてみたり……。

こちらもMac標準搭載のアプリケーションソフト、「iMovie」を使います。

今回は最初と最後の余分な箇所をカットするだけですので、今回はそんなに詳しい使い方は書かずに簡単な操作方法のみ書いていきます。

素人の操作ですので通常とは異なる場合がありますが、どうか生ぬるい目で見守ってやってください。

まずは「iMovie」を起動。

次にiMovie上部メニューから「ファイル」→「新規ムービー」をクリック。

f:id:afrokanchan:20151205172757j:plain

「テーマなし」を選択し、画面右下の「作成」ボタンを押す→そして、任意の名前をつけて「OK」ボタン。

f:id:afrokanchan:20151205172758j:plain

するとこのような画面が出てくるので、左上の「↓」ボタン、もしくは「メディアを読み込む」から先ほどの動画を指定します。

f:id:afrokanchan:20151205172759j:plain

ここでザックリとトリミングするところを決めていきます。映像をドラッグ、黄色い枠で切り出したい箇所を選びます。また、枠端のところをドラッグすることで動画の長さを調節することができます。

f:id:afrokanchan:20151205172800j:plain

そして、調整し終えた動画をドラッグ&ドロップで下のスペースに移動させます。

f:id:afrokanchan:20151205172801j:plain

はい。ハマりました。

f:id:afrokanchan:20151205172802j:plain

これで動画の編集は終了です。編集とは言っても冒頭部分と最後の要らない部分を削っただけですが。

さぁ、次はいよいよYouTubeに投稿していきます。

YouTubeに投稿してみる

このiMovie、実はYouTubeにこのまま共有することができます

ですが、この方法だとYouTubeの自分のアカウントのところに動画がUPされてしまいます。そのため、別にYouTubeチャンネルをお持ちの方は一度ファイルを保存したあとに、動画をUPしたいYouTubeチャンネルから動画をUPしてください。

デフォルトチャンネルを設定することでアップロード先を他のチャンネルに変えることもできますが、混乱してしまうかもしれないのでこの次の見出しでご紹介します。

「最初から好きなチャンネルにiMovieから共有して公開したい」って方はまず「デフォルトチャンネルの設定」をご覧下さい。

YouTubeアカウントとYouTubeチャンネルの違いについて知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ。

toritemi.hatenablog.com

注意点

iMovieからYouTubeへ共有をする際に、YouTubeのチャンネルにサインインをする場面があります。このまま進むとGoogleのページが表示され、認証を求められます。

その後、「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」との表示がされる場合があります。

このときにはサインインを求める画面で右クリックをすると、他の選択肢が出てくるのでそちらをお試しください。私もここで少し戸惑いました。

YouTubeアカウントにUPしたい人

YouTubeアカウントにUPしたい人はこのままiMovieから動画を共有できます。

iMovie上部メニューから「ファイル」→「共有」→「YouTube」と選択。

f:id:afrokanchan:20151205172803j:plain

このような画面が出てくるので、解像度やらカテゴリやらを選んで「次へ…」を押します。

「プライバシー」はこのあとYouTubeで動画のタイトルとか色々な設定をすると思うので非公開にしておきましょう。

f:id:afrokanchan:20151205172804j:plain

すると再びiMovieに戻り、YouTube公開の準備が始まるのでひたすら待ちます。

f:id:afrokanchan:20151205172805j:plain

完了したらこんな表示が出てくるので、あとはYouTubeにアクセスして色々と設定をしていきます。また下の方で解説していきいます。

f:id:afrokanchan:20151205172806j:plain

YouTubeチャンネルにUPしたい人

一度、iMovieの動画を保存します。iMovie上部のメニューから「ファイル」→「共有」→「ファイル…」と選択します。

f:id:afrokanchan:20151205172807j:plain

このような画面が出てくるので解像度などを選び、「次へ…」を押します。

f:id:afrokanchan:20151205172808j:plain

名前、保存する場所を選び「保存」でOKです。

f:id:afrokanchan:20151205172809j:plain

次にYouTubeにアクセスをし、動画をUPしたいチャンネルを選びます。

そして、「アップロード」ボタンを押します。

f:id:afrokanchan:20151205172810j:plain

この画面になったら先ほど保存した動画を選択し、「開く」で動画がUPされます。非公開でしておいたほうが後々楽かと思います。

f:id:afrokanchan:20151205172811j:plain

画面が切り替わり、動画アップロードの処理が始まります。待ちます。

f:id:afrokanchan:20151205172812j:plain

YouTube側でいじる動画の設定とか

まずは基本的な情報を入力していきましょう。

  1. タイトル
  2. 説明
  3. タグ
f:id:afrokanchan:20151205172813j:plain

サムネイルも設定しておくと良いかもです。

f:id:afrokanchan:20151205172814j:plain

あとは「詳細設定」からカテゴリーを選択。動画に大きく関連がありそうなものでOKです。

そして最後に、「非公開」だった状態を「公開」に選択し直し、右下の『公開』ボタンを押すことで動画が公開されます。

f:id:afrokanchan:20151205172815j:plain

デフォルトチャンネルの設定

iMovieからYouTubeへ直接、動画を共有する際のアップロード先の指定は「デフォルトチャンネル」で設定します。

初期設定のままだと個人アカウントが「デフォルトチャンネル」になっているはずです。「YoTubeの設定」→「概要」→「詳細設定」で確認できるはずです。

違うチャンネルを「デフォルトチャンネル」にしたい場合は、まずYouTube画面の右上のアカウント変更をする場所から「デフォルトチャンネル」にしたいチャンネルに移動します。

f:id:afrokanchan:20151205172816j:plain

そして、先ほどと同じように「YouTubeの設定」→「概要」→「詳細設定」と進みます。

f:id:afrokanchan:20151205172817j:plain f:id:afrokanchan:20151205172818j:plain

最後に「デフォルトチャンネル」にチェックを入れ「保存」ボタンを押せばデフォルトチャンネルの設定は完了です。

f:id:afrokanchan:20151205172819j:plain

実際に載せてみた動画

嬉しいことに、「白猫ちゃんねる様」のまとめにも載せていただいたようです。

shironekochannel.com

まとめ

夜中に突然、「あ、iPhoneの動画撮ってYouTubeにUPしてみよう」と思い立ってから調べ始めたので少し乱暴なところもあったかもしれません……。

なんとか、無事にiOS9でiPhone6のアプリゲームプレイ動画を録画して、YouTubeにUPすることができました。思ったよりも簡単だったのではないでしょうか。

気軽に自分のプレイ動画などを載せることができますので、ぜひ試してみては。

スポンサーリンク

関連記事



この記事を書いた人

あめよふれ

あめよふれっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。