【アプリ断捨離】iPhone6のホーム画面からアプリを一切なくしたら

スポンサーリンク

iPhone6を使っていると、「あれ、あのアプリどこいったっけ…」と、ホーム画面を行ったり来たりすることがよくあります。

フォルダに入れてあったりすると、なおさら見つかりにくいこともありますし。
それに、フォルダにまとめるとどうしてもアイコンが小さくなってしまうので、あまりフォルダにはまとめたくないというのが正直なところ。

フォルダにまとめるにしても極力、一画面内に抑えるようにはしています。
フォルダを開けて、また横にスクロールして、その中から目的のアプリを探して……、なんて面倒なことはしたくないですからね。

もし、そのアプリを探している時間がごくわずかであっても、0.1秒でも早く目的を達成したいというのがiPhoneユーザーのロマンなのではないでしょうか。

より使いやすく、効率的かつクールで、ソウルフルなホーム画面を目指す

何より、「使いやすい」ということが第一条件です。
そして、いかに効率的でクールか、そしてワクワクできるようなものでこそiPhoneだと思っております。

そこで、とある作戦を立てました。

題して、「アイフォーン(I)ソウルフル(S)フューチャー(F)サルベージ(S)計画」です。
ダサい、長い、わかりにく、の3拍子ですね。はい。

つまり、一度全てのアプリを捨て、本当に必要なアプリだけをサルベージする、という計画になっております。

「ISFS計画」ルール説明

ルールその1. 一日のうちに使用したアプリだけを1ページ目のホーム画面へと移動させる。

  • 数は何個でもいい。
  • ここで注意すべき点は”使用したアプリ”というところ。
  • あくまで使ったアプリのみを選出する。

ルールその2. フォルダ、ランチャーアプリは極力使わない。

  • 結局、収納場所を作ったところで使わないものは使わない。
  • 1ページ目のホーム画面が埋まり、さらに必要だと思った時点で再検討する。
  • アプリにワンタッチでアクセスがしたいだけです。憧れです。

ルールその3. 使用回数が圧倒的に多いと感じたアプリはDock入り。

  • ただし1日に5〜10回以上使用するもの(だいたいの雰囲気)。

こんな感じでゆる〜く実行していきたいと思います。手順は以下の通り。

「ISFS計画」手順説明

手順その1. 〜更地化〜

まず、手始めに全てのアプリを2ページ目以降のホーム画面に追いやります。
このとき、フォルダに入っているものはフォルダから出し、裸一貫のまま配置。

手順その2. 〜サルベージ〜

使用したアプリをひたすらサルベージしていきます。

手順その3. 〜ひたすら耐える〜

サルベージをひたすら繰り返し、耐えます。そして、考えます。

一週間、いや、三日ぐらいでホーム画面いっぱいになってしまいそうですね…。
どうなるかは全く予想がつかないですが、以前よりはスッキリすることでしょう。

「ISFS計画」開始

一切のアプリを2画面目のホーム画面に移動。

それでは計画スタートです。

f:id:afrokanchan:20151205172828j:plain

2週間が経過した時点でのホーム画面

計画を実行してから2週間経過した時点でのホーム画面がコチラです。

f:id:afrokanchan:20151205172829j:plain

言うなれば、一番使っているアプリたち。すなわちAチーム
生活の中でどうしてもなければいけないツールたちです。

以前のホーム画面と比較してみると何個かなくなったアプリもチラホラとありますね。

f:id:afrokanchan:20151205200000j:plain

ホーム画面から無くなったアプリ

連絡先

理由:基本的にLINEやTwitterでやり取りをしているため、必要になる頻度が少ないと判断しました。今は2ページ目に常駐させてあります。

カレンダー

理由:日付と曜日が一目で分かるという理由で置いてあったものの、Staccalで代用可能でした。バッジで日付を表示させています。

設定

理由:コントロールセンターが登場して以来、使用頻度が激減してしまいました。アクセシビティ、キーボート等を触ることもありますが、それほど機会も多くはないので2ページ目です。

Y!乗換案内

理由:乗換案内に乗り換え。アイコンがシンプルで好きです。

ボイスメモ

理由:使用頻度がそこまで多くなかったです。2ページ目に常駐。

To-Do

理由:Wunderlistに乗り換え。(2015/8/26現在はTodoistに乗り換え)

Todoist: Todoリスト | タスク管理
無料
(2016.03.11時点)
posted with ポチレバ

Launch+

理由:非常に便利なアプリなのですが、今のところ必要性は感じませんでしたね。

Launch+ : Launcher and Notification Center Reminder
120円
(2016.03.11時点)
Artem Khramtsov
posted with ポチレバ

まとめ

今回の実験ではとても興味深い点がいくつもありました。

自分自身では必要だと思い込んで配置していたアプリも、実はそれほど使う機会がなかったり、反対に「それほど使わないだろうな」というアプリが意外と活躍したりしていました。

一度全てのアプリを別の場所に置き、本当に自分に必要なアプリだけを吟味することで、本来の目的や、自分の本当にやりたいこと、さらには新しい目標を改めて確認することもできるのかもしれませんね。

近頃、なんだかiPhoneが使いにくいなぁ、どうもパッとしないなぁ、と感じている方はぜひこの方法を試してみてはいかがでしょうか。もしかしたら何か新しい発見があるかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

関連記事



この記事を書いた人

あめよふれ

あめよふれっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。